presented by
Menu
プレスニュース

フィリップ・ラームとルカ・トーニに罰金

ブンデスリーガ第12節FCシャルケ04戦(2009.11.07)の翌日、FCバイエルン・ミュンヘンがフィリップ・ラームおよびルカ・トーニの出来事に反応することになった。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長とルイス・ファン・ハール監督がこの日のトレーニング前に、両選手およびチームの前でも話しをすることになった。バイエルン取締役は以下のコメントを発表することになった:

ルカ・トーニは土曜、ブンデスリーガの一戦およびアリアンツ・アレーナを許可もなく早期に去り、受け入れられない行動をとった。取締役はこのために厳しい罰金を課することになった。ルカ・トーニはこの罰則に関わらず、すでにクラブおよび彼のチームメートに彼の行動について詫びていた。

フィリップ・ラームはチームキャプテン代理として、あるインタビューのなかで公にクラブ、監督そしてチームメートを批判、明白および弁解のない形でチーム内の規則に反することになった:

1)インタビューはクラブに問い合わせ、そしてオーガナイズされて、選手に許可するために提示されなければならない。これは選手契約に記載され、どの選手からも確認されている。
2)公の場面でクラブ、監督そしてチームメートを批判することは絶対にあってはならない。

カール・ハインツ・ルンメニゲは、「この両方の取り決めにフィリップは反することになった」と説明。「われわれはがっかりしている、彼はキャプテン代理として実際はチームおよびクラブの重大な責任を任されている。フィリップ・ラームはこのため、FCバイエルン・ミュンヘンではこれまでになかった金額の罰金を課されることになる。」