presented by
Menu
新会長

ヘーネス、ベッケンバウアーを後継

ウリ・ヘーネス、FCバイエルンの新会長 – 同57歳は99%に及ぶ賛成により、金曜夜のドイツレコードマイスター年総会で15年間会長を務めたフランツ・ベッケンバウアーの後任として選出された。ヘーネスは、「とても圧倒されている」コメント、そして、「FCバイエルンがスポーツ面で、われわれ皆が想像するところに再び引き上げるために全ての力を投入する」と約束した。


ベッケンバウアー、「常に招待されている」

FCバイエルンに51年間従事してきて、名誉会長となるベッケンバウアーはより好評となった。ヘーネスは、「彼のようにここまでやってきたものはいない」とFCBでベッケンバウアー時代が終わらないこと、「これから新しい始まり」について話した。「彼は一生、クラブのイベントに常に招待されている。」代表取締役社長ルンメニゲは、「皇帝」に引き続きアクティブにいることを要請した:「われわれはフランツが必要なんだ、あなたはFCバイエルン最大の人格の持ち主。」

ヘーネス、ファンとの対談をプラン

ヘーネスは、ベッケンバウアーに「心底」感謝することになった。「フランツがこのクラブを50年間引っ張ってくれた。」会長職をアクティブに活動するとすでにヘーネスはこれまでに示唆していた。話しのなかで彼は同時に詳しいことについて触れることになった: ヘーネスは「私の下で、もしかすると月に一度」会員およびファンとの対談を設けることをプランしている。