presented by
Menu
安堵のバイエルン

再び、成功の経験

ファンはチームに歓声を上げ、ウリ・ヘーネスと彼の取締役同僚カール=ハインツ・ルンメニゲおよびカール・ホプフナーは来賓席を笑顔で後にし、ルイス・ファン・ハール監督も歓喜できた – この光景をFCバイエルンでは長いこと待っていた。マッカビ・ハイファに1:0と辛勝した後、ボルドーの援護射撃もあり、レコードマイスターはチャンピオンズリーグ16強進出に向けてグループ最終節で「決戦」を戦うことになる。

ヘーネスは、「われわれは勝って、成功ある経験をすることになった。チャンピオンズリーグで勝ち残るチャンスがまだある」と今季のチャンピオンズリーグでFCバイエルンのホーム戦初勝利後にコメント。1ヶ月ぶりの公式戦勝利となった。ルーキーのトーマス・ミュラーが、「自分たちはまたいくらかポジティブなことを得ることができた。安堵感は大きい」と告げた。マン・オブ・ザ・マッチのイヴィチャ・オリッチは翌日、「今日はトレーニング中、そしてロッカーでも違う雰囲気だったことをすぐに気づくことができた。またたくさん笑顔がでてきた」と報告した。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「自分たちはまた自力で(グループ突破)することができる。いい感覚」とコメント。バイエルンは早期の敗退から、12月8日にトリノでのグループ最終節に勝利することにより、チャンピオンズリーグの次のステージに進出する可能性がある。ファン・ハールは、「チャンスはフィフティ・フィフティと考えている」とコメント、そしてユーヴェとのホーム戦を想起していた:「前半、われわれは彼らを圧倒していた。」

当時、フランク・リベリーとアリエン・ロッベンがユーヴェDFを45分間でかく乱した。だがこの数ヶ月、両選手は出場していない。ヘーネスは、「もう少しで」と彼らのカムバックが近づいていることを口にした。ロッベンはすでに日曜、ハノーファーでのブンデスリーガ第14節でメンバー入りする予定、そしてリベリーはジョギングができる状態になっている。ヘーネスは、「われわれが入手できるベストの情報」とコメント。

マリオ・ゴメスは、「チームとしてこのような状況になると、多くのことが容易ではなくなる。しかし、自分たちは今日、全てうまくやったんだ、いい仕事をして、そして我慢強くプレーした」とコメント。同選手はオリッチの得点を導くことになり、ほかにもいいプレーが続いた。マルク・ファン・ボンメル主将は、「今日は、われわれが勝つことが大切だった。いいサッカーなしでプレーすることになった」とコメント:「われわれは満足している、だけどそれ以上はない。」