presented by
Menu
「ミュル」に感謝

喜びのオリッチ、「とても疲れた」

イヴィチャ・オリッチは実際、マッカビ・ハイファ戦でスタートからプレーする予定ではなかった。ルイス・ファン・ハール監督は、「30分、もしかすると45分」と故障を理由に7週間離脱していたクロアチア人の状態について前日にコメントしていた。しかし、ミロスラフ・クローゼが前日調整後にひじを負傷して欠場、このためオリッチが出場することになった - それから彼がマン・オブ・ザ・マッチとなった。

後半17分、元ハンブルガー選手が値千金のゴールを決めることになった。ハイファGKニル・ダヴィドヴィッチがマリオ・ゴメスのシュートを弾き、こぼれ球がオリッチの足下へ。同30歳は、「マリオはとてもいいプレーをした。自分はそこにいて、ボールを単純に押しこむだけだった」と2ヶ月強ぶりの得点後に説明、そしてとても喜んでいた:「復帰してすぐにスタートからプレーして、ゴールを決めて勝てたんだ。」

ゴメスのほかに(「半分は彼のゴール」)、オリッチはFCバイエルンの3点目後に誰に感謝しなければいけないのかをよく分かっていた。ファンの下で歓喜を上げた後、すぐにチームドクターのハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートに駆け寄った。