presented by
Menu
バイエルン − ボルドー

CLボルドー戦のコメント

ジロンダン・ボルドーにホームで失望の敗戦後、FCバイエルンはチャンピオンズリーグで敗退の危機に追い込まれている。レコードマイスターがほかの2試合に勝ち、ユヴェントスが第5節にボルドーで勝たなければ、FCバイエルンはまだ16強に進出することができる。ルイス・ファン・ハール監督は、「われわれはまだ敗退していない。まだ小さなチャンスがある。しかしボルドーの結果に左右されることになる」と希望を捨ててはいなかった。

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれのベストゲームとはいかなかった、しかし、チャンピオンズリーグではベストの状態でなければいけない。われわれは規律を守り、チャンスをあまり許さず、多くのチャンスを作った、しかしゴールが決まらなかった: そしてそれが一番大切なことなんだ。そのほかは、試合を決めるのは本当に小さなことなんだ。ポスト直撃、ハンド、FK。われわれは戦った、しかし勝つことができなかった。われわれはまだ敗退していない。まだ小さなチャンスがある。しかしボルドーの結果に左右されることになる。」

マルク・ファン・ボンメル:「始めの1点は自分の責任、あれはあってはいけないことだ。われわれは先制しなければならなかった、クローゼのシーンではPKの判定があってもいいところだ。われわれは後半、いい反応をみせ、全てを試みた。われわれは相手を制していた、だから、ゴールを決めなければならなかったんだ。われわれは3,4回と得点機があった、しかし得点にすることができなかった。まだ終わっていない、まだ2試合ある。われわれが勝てば勝ち点10ポイントになる。しかし、難しいことだ。」

ローラン・ブラン:「私はすばらしい夜を過ごすことになった。私のチームは今日、すばらしいゲームをして、勝ち点3を奪取することになった。結果はすばらしいもので、内容に値する2:0だ。ハードな一戦だった。そのなかで、われわれはいいディフェンスをみせて、チャンスを許さなかった。しかし、われわれはバイエルンが強い自信をもって試合に臨んでいないことを目にしたんだ。それをわれわれが利用することになった。もし誰かが、われわれが第4節後に勝ち点10ポイントを獲得していると言えば、私は彼のことをおかしなことを言う者だと言っていたかもしれない。」