presented by
Menu
クローゼ、トーニ、ロッベン

FCB、選手状況を引き続き懸念

FCバイエルンはハノーファー96とのアウェー戦、主力選手を数人欠くことになる。フランク・リベリーとアリエン・ロッベンら2人のリハビリ組のほか、ハイファに1:0とホームで勝利した一戦のように、ミロスラフ・クローゼ、ハミト・アルティントップとルカ・トーニも欠場することになる。

クローゼは左ヒジの腱を痛め、調整に遅れがでている。ファン・ハールは試合2日前に、「彼はあまりいい感触がないみたいだ。彼は出場しないし、ベンチに座ることもない」と示唆。アルティントップもふくらはぎに故障を抱え、トーニは今現在、ファン・ハールから考慮されていない:「バイエルン・ミュンヘンの選手として通常の要求を満たせない選手たちとは問題がある: それはトーニのこと。」

「ロッベリー」復帰前

バイエルン監督はハノーファーで、ハイファ戦と同イレブンで臨めることを願っている。リベリーとロッベンの復帰を同監督はまだ前期に計算している。ファン・ハールは、「ロッベンがジョーカーとしてグラッドバッハ戦で復帰、そしてリベリーがその後に戻ってくることを望んでいる」とコメント。これは、フランス人がヒザの膝蓋腱炎から復帰して、12月8日のチャンピオンズリーグ16強進出のかかるユヴェントス・トリノ戦に少なくとも「ジョーカー」として出場することができることを意味している。