presented by
Menu
意見の相違に決着

FCBとラームが話し合い

2009年11月9日月曜日、FCバイエルンのトレーニング敷地内でクラブの取締役、スポーツディレクターおよびフィリップ・ラームの間で話し合いがもたれた。協議の内容はフィリップ・ラームの2009年11月7日のインタビューだった。

代表DFラームは、とても詳しく話し合いが行われたなかで、彼の主張の仕方および彼のとった行動について謝罪することになった。ラームは、彼の意見を直接、取締役に話すべきだったと誤りを認めることになった。

彼はカール・ハインツ・ルンメニゲ、ウリ・ヘーネス、カール・ホプフナーおよびクリスティアン・ネルリンガーから励まされ、そして今後は彼の意見を直接首脳陣に話すことを求められた。

フィリップ・ラームは取締役から課された罰金を受け入れた。これで、週末の出来事は両サイドにおいて解決することになった。