presented by
Menu
「ほぼパーフェクトな一戦」

「トリノの奇跡」のコメント

「FCB、FCB、FCBがまた戻ってきた!」 - バイエルンファンがトリノのスタジアム・オリンピコで試合開始前からチームとともに歓喜をあげていた。ユヴェントス・トリノで4:1と快勝、そしてチャンピオンズリーグ16強進出を決めたとき、ドイツレコードマイスターの歓喜がやむことはなかった。クリスティアン・ネルリンガーは確実に長い夜になると号砲: 「選手たちが今日、すばらしい夜にしてくれた。少しリラックスさせ、喜びを爆発させ、そして楽しむことができる。」

スポーツディレクターは、「私自身、われわれがここでユヴェントスを始めから制し、そしてチャンスを作り出して優勢に戦ったことを驚いていた。全ての選手の一丸となったパフォーマンスだった。今日、われわれは大きな一歩を踏み出した。」ルイス・ファン・ハールも称賛を惜しむことはなかった: 「われわれはとてもいいプレーをした、イタリアのトップチームであるユヴェントスでだ。」マリオ・ゴメスは、「ほぼパーフェクトな一戦だった」とコメント、そしてイヴィチャ・オリッチは誇りにしていた: 「世界中でこのゲームは注目され、バイエルンがいいサッカーができることを目にすることになったんだ。」

コメント一覧:

クリスティアン・ネルリンガー: 「選手たちが今日、すばらしい夜にしてくれた。少しリラックスさせ、喜びを爆発させ、そして楽しむことができる。私自身、われわれがここでユヴェントスを始めから制し、そしてチャンスを作り出して優勢に戦ったことを驚いていた。全ての選手の一丸となったパフォーマンスだった。今日、われわれは大きな一歩を踏み出した。チャンピオンズリーグで次のステージに進むことは、クラブにとって非常に重要なこと。ブンデスリーガでもわれわれは首位に近づくために戦っている。ボーフムとヘルタを倒せば、とても満足した前期を振り返ることができるだろう。」

ルイス・ファン・ハール: 「どの選手もとても喜んでいる、そして取締役もね。われわれはとてもいいプレーをした、イタリアのトップチームであるユヴェントスでだ。前半はすばらしかった、ハーフタイムに私は何も言わなかった、それはいつものことではないんだ。私は、すばらしかったと話し、そしてわれわれがこのまま続けていけば勝つことになるとだけ言ったんだ。そして本当にそうなることになった。われわれの自信は引き続き強くなっていくことになる。しかし、ボーフムは典型的なドイツのチーム、そこでは勝つことはいつも難しくなる。」

マルク・ファン・ボンメル: 「われわれはすぐにいい立ち上がりをみせ、ハーフタイムまでにもう1点奪わなければいけなかった。ハーフタイムの後は、前半の流れをだせないものだ。しかし、今回は逆だった。それどころか、今回は前半よりも良かったんだ。早くに2:1としたことに少し不安があったんだ。しかし、最後まで堂々としたプレーをすることになった。われわれはすばらしいサッカーをして、ピッチをとても広く使っていた。それが今日のキーポイントだった。今日、われわれが本当にチームだということ、そして一緒に戦うことができることを示した。」

ヨルク・ブット: 「今、大きな喜びがある。だけど、私はユーヴェ戦はとてもいい経験をしている。ユーヴェ戦初ゴールではないんだ。過去の試合ですでにある傾向はみえていた。われわれは自信をもってここにのり込み、そしてわれわれが勝つことができると確信していた。しかしながらそれは簡単ではなかった。0:1とリードされ、イタリア人はとてもうまく守備ができると知っている。そこでゲームは難しくなると知っているんだ。しかし、われわれのパフォーマンスはよりいいものだったんだ。」

マリオ・ゴメス: 「われわれは、試合にこのような形で勝てたことを本当に喜んでいる。ほぼパーフェクトな一戦だった。ユーヴェは1度だけ得点機があった、ほかは自分たちが彼らを制し、いいプレーをして、得点機を作り出したんだ。自分たちのとてもいいゲームだった。そこに積み上げていくことができる。自分のキャリアのなかでは一番のゴールだった。センセーションだ。ここまで得点を決めたときに喜ぶことは少ない。あの時間帯、ユーヴェが少しばかり圧力をかけてきたときに(ゴールを決めたことは)とても大切だったと考えている。土曜、われわれはまたとても大切な一戦がある。そこで勝たなければいけないし、勝つつもりだ。」

ダニエル・ファン・ボイテン: 「われわれは自分たちのパフォーマンスにとても誇りをもっている。気持ちと集中力でプレーしたんだ。トップゲームだった。われわれはここで失うものはなかった。チームとしてプレーし、全てをだし、われわれのチャンスを待って、戦ったんだ ‐ それが報われたんだ。」

イヴィチャ・オリッチ: 「今日はとてもすばらしいサッカーをしたんだ。われわれが勝ったことをとても喜んでいる。世界中でこのゲームは注目され、バイエルンがいいサッカーができることを目にすることになったんだ。ユヴェントスは少しだけチャンスがあった、そのほかはチャンスがなかった。われわれがこのまま続けていけると考えている。」