presented by
Menu
バイエルン - ヘルタ

「今、穏やかなクリスマスが迎えられる」

4:1、5:1、5:2 - FCバイエルンは3試合連続快勝とともにウィンターブレイクに突入することになった。トリノおよびボーフムでの快勝後、レコードマイスターは最下位ヘルタBSCベルリンを全く寄せつけず。そして、ファンに今年ラストマッチですばらしいゲームを魅せることになった。ルイス・ファン・ハール監督は、「われわれは3大会に残っている、今、穏やかなクリスマスが迎えられる」と勝利で終えた前期ファイナルを喜んでいた。

コメント一覧

ルイス・ファン・ハール:「とても満足している、試合内容についても嬉しく思っている。だけどまだいいサッカーができる、そのことに確信しているんだ。われわれはこの数週間、とても大きなステップアップができた。私は、シーズン序盤との違いは、ゴールを決めていることだと考えている。ゴメスとオリッチの貢献はとても大きい。しかし、チーム内のまとまりが一番重要だとも考えている。われわれは3大会に残っている、今、穏やかなクリスマスが迎えられる。」

クリスティアン・ネルリンガー:「チームは前期終盤、とてもすばらしいパフォーマンスを魅せた、そして私はわれわれのファンも魅了することができたと信じている。われわれは、とてもいいチームに成長する途中。われわれは数日間の静けさを楽しみにしている。われわれにとっては本当に慌ただしい前期だった。われわれはこの数試合の結果、全ての大会でいいスタートポジションを得たことを喜んでいる。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「自分たちは前期、多くのポイントを与えてしまった。だけど、自分たちは今、すばらしいサッカーでいい終わりとすることができた、観衆も満足している。まだ後期17試合ある、そこで遅れを取り戻すつもりだ。後期に向けて確信している。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれはいい方向に進んでいる。われわれはすでに長いこと確信させるいいサッカーをしている、だけど以前は得点が入らなかったんだ。レヴァークーゼンにお祝いを言うことができる。だけど、彼らが奪取したのはタイトルではない。われわれはシャーレを懸けて戦うんだ。もちろん、前期の終わりに一番上にいたかった、だけど序盤に勝てず、遅れをとってしまった。しかし今、われわれは調子を取り戻し、結果だけではなく、楽しんでできているんだ。」

フリードヘルム・フンケル:「シャルケとレヴァークーゼン戦での強いディフェンスを今日は残念だが続けることができなかった。われわれはバイエルンにたくさんのスペースを与え、ビルドアップを邪魔することができなかった。今のところ、それはとても難しいことだ。バイエルンは数試合前から攻撃がとても、とても強いんだ。われわれは攻撃を組み立てるときに多くのミスがあった。それをバイエルンが冷徹に利用したんだ。だから今日はノーチャンスだった。」