presented by
Menu
ヘルマン・ゲルラント

「古巣に戻ることはいつもすばらしいこと」

FCバイエルンが土曜、VfLボーフムと試合をすることになれば、ヘルマン・ゲルラントにとってはほかの一戦とは違う一戦となる。FCバイエルンのアシスタントコーチはボーフムで生まれ、VfLでブンデスリーガ200試合をこなし、そこでブンデスリーガ監督も経験した。それでも「タイガー」は、「VfLと対戦することになれば、どちらに勝ってほしいと考えなくてもいい」とfcbayern.deとのインタビューのなかでコメント。


インタビュー: ヘルマン・ゲルラント

fcbayern.de: ボーフム戦での一戦について。
ヘルマン・ゲルラント:「われわれはボーフムで勝つつもり、もしわれわれがしっかりとした気持ちで試合に臨めば、(勝利は)実現することになるだろう。われわれはラスト2試合でウィンターブレイクまでに勝ち点6ポイントを奪取するつもりだ。」

fcbayern.de: トリノでの快勝後、FCバイエルンがボーフムを侮ることになると恐れていますか?
ゲルラント:「もし、自分たちが100%集中せず、そして戦わなければ、われわれが苦戦することもあるだろう。いずれにしても単純な一戦ではない。ボーフムは追い込まれている、そしてFCバイエルン戦では全てのチームが非常にモチベーションが高いとも分かっている。ルイス・ファン・ハールが、チームが敵を侮らないようにしてくるはずだ。」

fcbayern.de: それはどのようにですか?
ゲルラント:「彼はどの試合の前にも、チームとともに本当に熱心に準備するんだ。彼は相手について全てを把握していて、全てのことについて注意してくる – その場にいなければ、想像できないことだが。全てが本当に、熱心なんだ。われわれは100%真剣に試合に臨むことになると考えている、勝ち点3を持ち帰れることを望んでいる。」