presented by
Menu
「彼とプレーするのは楽しい」

シュヴァイニー、新ポジションで躍動

バイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲが、ユヴェントス・トリノでのドイツレコードマイスターの記憶に残る4:1の勝利をトリノの「魔法の夜」と称した。この夜、多くのヒーロー、主役がいた。「全選手のすばらしい実績」(スポーツディレクター、クリスティアン・ネルリンガー)からもう1人称賛することができる選手がいるとすれば、それはバスティアン・シュヴァインシュタイガー。

ルンメニゲは、「彼はバイエルン・ミュンヘンに入団して以来のベストゲームをしたんだ」と25歳を称賛。同選手は1998年からドイツレコードマイスターのユニホームを着ている。ルンメニゲは、「彼はこの数週間、常にいいプレーをしてきた選手」と続け、シュヴァインシュタイガーについて、「パスに確実性があり、前線に圧力をかけていくことができるとても重要なMF」と語った。

4連勝

ここ最近のシュヴァインシュタイガーのパフォーマンス向上には理由があった。ルイス・ファン・ハールはこの4試合、いつも同じスターティングメンバーを起用。バスティアン・シュヴァインシュタイガーはマルク・ファン・ボンメル主将とともにMFの中央でプレーする。これが、4試合の実績に表れていた: FCバイエルンは4度、ピッチ上の勝者となった。

シュヴァインシュタイガーはどの一戦でも一番ボールコンタクトがあったバイエルンプロ選手だった – マッカビ・ハイファ戦(116)、ハノーファー96(88)、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(112)そしてユヴェントス・トリノ(83)。それだけではなく、ミュンヘン育ちの育成選手はシュート数でもトップに立つ。