presented by
Menu
「数選手をチェック」

ネルリンガー、育成選手に信頼を寄せる

カール=ハインツ・ルンメニゲが数日前のFCバイエルン年総会で、「トニー・クロースは来年、われわれの下に戻ってくる。彼はFCバイエルンにとって非常に貴重な選手になるだろう」と示唆した。

FCバイエルンスポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは月曜、「トニー・クロースのような才能のある選手に、ほかのところでプレーさせ、復帰したときにすぐにFCバイエルンの戦力となるようにチャンスを与えるべきだと考えている」とバイエルン放送のスポーツ番組のなかでコメント。

例えばフィリップ・ラーム

フィリップ・ラームもこの道を選択した。当時、アマチュア選手としてVfBシュトゥットガルトにレンタル移籍、代表選手としてFCバイエルンに戻ってくることになった。ネルリンガーは、「スタメンの可能性がなくなった選手はトレーニングや彼の成長に必然と影響がでてくる」とレンタル移籍の重要性について説明。

FCバイエルンですぐにスタメンの座を争える育成選手はごく限られている。例えば、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、または今シーズンのホルガー・バドシュトゥバーとトーマス・ミュラー、彼らは監督のフィロソフィーから得をしている。「ルイス・ファン・ハールはタレントを優遇している。」

2本柱のフィロソフィー