presented by
Menu
「これこそバイエルン・ミュンヘン」

ファン・ハールの哲学が実を結ぶ

ルイス・ファン・ハールとミュンヘン – マッチしている。同オランダ人は、「私はこの文化を愛している」とドイツレコードマイスターの監督としておよそ半年が経過した後にコメント。ファン・ハールが土曜、シュタルンベルク湖近くのファンクラブを訪問した際に、彼の新故郷である人の好意および礼儀正しさ、そして地料理を絶賛することになった。「お肉が好きで、これほど多くのお肉を食べたことはない。とてもすばらしかった」と同58歳は機嫌よく語った。しかしながら、ファン・ハールはとりわけチーム実績でミュンヘンに受入れられることになった。

彼のチームはここ5試合で5連勝と勢いにのる。同チームはチャンピオンズリーグで敗退したと思われたなかで「トリノの奇跡」を起こし、16強進出を決めた。ブンデスリーガでは首位のレヴァークーゼンとの差をこの数週間の間で勝ち点6ポイントから2ポイントに縮めた。今ではヘルプストマイスターになれる可能性もある。

ファン・ハールは、「私は、われわれが達成できるといつも意志と信念を持ってきた」とボーフムに5:1と勝利した後にZDF局のスポーツ番組のなかでコメント。彼のチームはボーフムで、トリノの4:1の躍動を結びつけることになった。彼のイレブンはボール支配率75%とほぼ歴史上に残るベスト記録を残すことになった。「バイエルン・ミュンヘンの試合運び」と同監督は述べ、「われわれがボールをより支配すれば、通常ならもっとチャンスを作ることができる」とも続けた。

FCバイエルンはブンデスリーガ前期終了を前に、ほかの統計でも上位に立つ。同レコードマイスターはパスの数(7803)および正確性(83.3%)においてもベストの数字を誇る。FCバイエルンよりもクロス数の多いチームはいない(CKを含めて462)。バイエルンはこの過去5試合で一番多くゴールを決め(12)、そして一番実績を残したチームである(11ポイント)。

同監督はこの数週間、数ヶ月のなかで、ファン・ハールの哲学はスタートから実を結ぶことはないといつも強調してきた。「われわれは成長過程」と説明してきた。「私は一つの哲学をもつ監督。この哲学を仕上げていくには、時間が必要。」今、願いどおりの結果を得られる時間が明らかにきたようだ。

熱心なトレーニング