presented by
Menu
クリスマスまでに初ゴールか

プラニッチ、バースデーゴール目指す

オリッチのホームでは、すばらしいクリスマスとなるかもしれない – 雪、プレゼントそして本物のヒゲのついたサンタクロース。パパであるイヴィチャはこのサンタクロースのために、チームメートのダニエル・プラニッチと賭けをすることになった:「プラニッチがウィンターブレイクまでの4試合でゴールを決めなければ、オリッチの子供であるルカ、アントニオそしてララにサンタクロースとなってプレゼントを贈ることになる。

オリッチは実際、彼の同国同僚がクリスマスまでにゴールを決めることを願っている。オリッチは、「彼によりクロスそしてシュートを打つように言ったんだ」と日曜日に彼のクロスが得点に結びついた後にコメント: プラニッチは精確なバナナクロスでハノーファー戦のオリッチの3得点目をアシスト。

プラニッチはシーズンスタートのホッフェンハイムの一戦で、オリッチにアシスト – しかし、前節までのアシストの間、プラニッチは調子を落とすことになり、夏にSCへーレンフェンからFCバイエルンに移籍してきた同27歳は自信を失っていた。同選手は、「プレーすることは難しかった」と吐露、「自分に言い聞かせたんだ: 考えずに自分のプレーをしろ。」オリッチはこうアドバイスを送った:「ダニエルに、引き続きいいトレーニングをして、自分のチャンスを待つんだと言ったんだ。」

「60、70%」の状態

プラニッチはこれを実践、そしてハイファおよびハノーファー戦でも彼の実力を示すことになった。「過去2試合では、サッカーができることを忘れていないことをみせられた」と彼は述べた。今現在、彼は彼の能力の「60、70%」の状態である。