presented by
Menu
前期最終節へ

ヘルタ戦、ソーセージと勝ち点3奪取

雪が一日中しきりに降り、レコードマイスターの練習場は寒気にさらされていた。しかし、ゼーベナー・シュトラーセはクリスマスムードに包まれていなかった。バイエルンは2日のオフ後の水曜午後、土曜日のリーガ前期最終節ヘルタBSCベルリンとの一戦に向けて、準備をスタートさせた。

アンドレアス・オットルは、「自分たちはファンにもう一度何かをみせたい、そして勝って彼らと今年最後を祝いたい」とfcbayern.deにコメント。とくに心をリフレッシュさせるために」2日間のオフは有意義なものとなったとFCバイエルンプロ選手は述べた。トーマス・ミュラーは、「もう一度、力を蓄えることができた」とコメント。「今、全力で前期最終節に臨める。」

「情熱と戦い」

トリノとボーフムで快勝した後、バイエルンは前期最終節、彼らのファンにもう一度ベストパフォーマンスを示すつもりだ。オットルは、「だけど、まずは勝ち点3ポイントが肝心」と強調した。そしてミュラーもこう述べた:「これまでのように再び快勝するのが大切ではない。情熱と戦いで勝ち点3を奪取しなければならない。」