presented by
Menu
プレゼント

FCB、「身体障害者の州立学校」を訪問

バイエルンは土曜、もしかするとまだ「ヘルプストマイスター」を自らに贈ることができるかもしれない。彼らは水曜、まずはミュンヘンの子ども達にプレゼントを贈ることになった。クリスマス前に、カール=ハインツ・ルンメニゲおよびカール・ホプフナーら両取締役、スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガー、マルク・ファン・ボンメル主将、フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ホルガー・バドシュトゥバーとヨルク・ブットがゲストとしてミュンヘンの「身体障害者の州立学校」を訪問した。

レコードマイスターの代表は350人の子ども達とゆっくりと時間を過ごすことになった。もちろん彼らが手ぶらで子ども達を訪問することはなかった。みんなにFCバイエルンのニット帽そしてマフラーが贈られ、「州立学校」は2010年2月10日のDFBカップ3回戦SpVggグロイター・フュルト戦に招待されることになった。そしてルンメニゲとホプフナーは「社団法人FCバイエルン・ヒルフェ」の依頼のもと、1万ユーロ分の小切手を贈呈した。