presented by
Menu
グラッドバッハ戦のコメント

FCB監督:「ハードワークのゲームだった」

FCバイエルンはボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦の勝利で3連勝となった。しかし、同相手との一戦はルイス・ファン・ハール曰く、「ツキのあるクラブ」が勝利することになった。「2選手の対応に苦労することになった」とFCB監督は分析、「後半の戦術上の交代により、この問題を解決することができた。」

とくに前半の45分間、バイエルンGKヨルク・ブットは実力を証明する機会があった、とくにファン・アランゴのシュートシーンだった。ブットは試合後、「今日の朝、アランゴについて話しをしたんだ」と報告、「マルティン・デミチェリスが南米で彼を知っていて、2列目からとてもいいシュートを打ってくると警戒させてくれたんだ。彼は2、3度とてもいいシュートを放ってきた、幸運にも入らなかったよ。」


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「とても喜んでいる。だけど、とてもハードワークを強いられた。ツキのあるクラブが今日は勝った。グラッドバッハは前半、われわれよりもいいチームで、多くのチャンスを作りだした。ヨルク・ブットはいいパフォーマンスを示した。2選手の対応に苦労することになった。後半の戦術上の交代により、この問題を解決することができた。それから、われわれは相手よりよかった。」

ヨルク・ブット:「われわれはとてもいい方向に進んでいる。われわれはチームとしてこの数試合とてもいいゲームをしている。今日は前半、もしかすると秩序にいくらか問題があった。後半はまたとてもよくプレーすることができた。グラッドバッハはとてもいいチーム、難しいゲームだった。ウィンターブレイクまでの全3試合に勝たなければいけないし、勝つつもりだ。観衆には今のところ、チームワークで勝とうとするチームがピッチ上に存在するという感覚があると思っている。これが決めてなんだ。今日の朝、アランゴについて話しをしたんだ。マルティン・デミチェリスが南米で彼を知っていて、2列目からとてもいいシュートを打ってくると警戒させてくれたんだ。彼は2、3度とてもいいシュートを放ってきた、幸運にも入らなかったよ。」

ミヒャエル・フロンツェック(グラッドバッハ監督):「私のチームはFCバイエルン相手にとてもいいゲームをした。われわれにとってはツキのない敗戦となった、われわれは勝ち点1を奪えていてもおかしくなかった。」