presented by
Menu
バイエルン - マインツ

「われわれのベストホームゲーム」

3:0勝利、3度目の暫定首位、首位のバイヤー・レヴァークーゼンにまたもや重圧をかける: 1.FSVマインツ05相手に快勝後、FCバイエルンには笑顔があった。ルイス・ファン・ハール監督は、「われわれは今日、われわれのベストホームゲームをしたんだ」とワンサイドゲーム後に喜びを表した。ダニエル・ファン・ボイテンは、「勝つためにはピッチ上で全てをださなければいけない。マインツは簡単に勝てるチームではない」とコメント。同選手は彼の先制弾でチームをリーガ7連勝に導いた。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは今日、われわれのベストホームゲームをしたんだ。マインツはそう簡単には倒せないと考えていた。彼らにはどのボールも止めるキーパーがいたからね。だけど彼は後半、ミスをおかしたんだ。われわれは多くのチャンスを作りだした、それからGKに重圧をかけた。私は、守りを固めるチーム相手にボールをしっかりと保持したとてもいいゲームを目にした。とても満足している、私はとても多くのすばらしいゴール、そしてとてもいいFCバイエルンをみた。」

アリエン・ロッベン:「天候が良くなかった。そこでは順応しなければならない。サッカーをするためには難しい状況だった。われわれはハーフタイムで話し合ったんだ: われわれはチャンスが再び来るまで落着いて待たなければならない。今日は単純にはいかなかったよ。」

ダニエル・ファン・ボイテン:「マインツ戦、モチベーションが保てたのは大切だった。勝つためにはピッチ上で全てをださなければいけない。マインツは簡単に勝てるチームではない。われわれにはまだ多くのゲームが残っている。レヴァークーゼンはいいチームであり、すばらしいサッカーをしてくる。最後に一番前にはいることは難しくなるだろう。だけど自分たちは最後まで全てをだすつもり、そしてどちらのチームがポイントを明け渡すか分かることになる。」

トーマス・トゥヘル:「私からFCバイエルンの勝利とトッププレーにおめでとうと言いたい。バイエルン・ミュンヘンがホームでこのようなトッププレーをして、いいコンディションであれば、われわれが勝ち点を奪取できるのかは疑問、われわれが全力をだしたとしてもね。今日は全力がだせていなかった、だから全体的にみてノーチャンスだった。そのことを認識しなければならない。今日は、われわれがトップチーム相手に然るべきして敗れたということを妬みなく認識しないといけない。」