presented by
Menu
若手3人衆の夢

アラバ、エキッチ、コンテントが全力を尽くす

トレーニングキャンプではスタミナが要される。肉体の限界に挑み、疲労のなかでも高い集中力で取り組み、ライバルとの争いに競り勝たなければならない。そしてチーム内の最年少には幾度か「特別シフト」が待っている。

今のところ、それに該当しているのはドバイキャンプに参加するデヴィッド・アラバ(17歳)、メーメット・エキッチ(19)そしてディエゴ・コンテント(19)。彼らは空港では荷物を運び、ドバイ到着時、トレーニング場そしてチームバスから荷物を下ろすのを手伝う。それでも、3人の若手はとても喜んでいる。

彼ら3人はトップでのデビューを今しばらく待つことになる。クリスティアン・ネルリンガーは、「チームのなかで彼らが頭角を現すまでには、まだいくらか時間がかかる」とコメント。同FCBスポーツディレクターはこうも示唆:「彼らは後期、トップチームとトレーニングをすることになる。」アラバ、エキッチとコンテントはドバイキャンプで大きなチャンスを得ている、しかし同時に「彼らのような若いキャリアにとっては最大のヤマ場」ともネルリンガーは強調した。

ファン・ハールのバックアップ

これまでに同トリオは夢のようなキャリアを積んできた、特に17歳のアラバは今季、U19を飛び越し、サテライトのメンバーに抜擢された。昨年末の10月にはオーストリア代表として史上最年少でデビューを飾った。