presented by
Menu
小春

アリアンツ、後期開幕に向けて「準備整う」

イヴィチャ・オリッチはロシアの冬を忘れていなかった。同FCBFWはモスクワの冬の数ヶ月を想起していた。彼は2003/04シーズンから3年半ロシアの首都でプレーした経験がある。オリッチは、「ここはまだいいよ」と後期開幕に向けてコメント。それどころかアリアンツ・アレーナの状態はとてもいい。FCバイエルンが金曜夜、ホッフェンハイムと対戦するときには、芝生上ではすでに春が到来している。

芝生上では8℃、そして中心部では15℃ - 秋からアリアンツ・アレーナではピッチにヒーターが設けられている。しかし、これは1月中旬の後期開幕戦2日前に芝刈り機が動いていた理由の一つにすぎない。

芝生に照明を当てる

ほかには稼動するサロンが芝生に最適な照明を当てることになる。およそ1000Wする約600のランプが2日間ハーフコートを照らし、その後はもう片方のハーフコートと繰り返される。