presented by
Menu
攻撃、守備、コンディション

バイエルン、基準をより高く

FCバイエルンのトレーニングキャンプ3日目、第1クールが終了。テーピングや絆創膏が大半の足につけられ、「もちろん足が疲れている」とフィリップ・ラームは4回目のトレーニングおよびフィットネストレーニングが終わった後にコメント。しかし、バイエルンのメンバーに笑顔が絶えることはない。ドバイの太陽の下、ドイツレコードマイスターでは号砲の気配が漂っている。

マリオ・ゴメスは、「これをトレーニングのなかで感じる」とコメント。「どの選手も再び感覚がある: 自分たちが誰なのかと。ほかのチームはバイエルンに再びリスペクトを払うことになる。」6連勝により、ウィンターブレイクをミュンヘンの選手たちが胸を張ってむかえることになった。トーマス・ミュラーは、「僕たちは勝つだけではなく、納得させるプレーをみせた」と回顧した。FCバイエルンは後期スタートに向けてより改善していくつもりだ。

攻守を改善

ラームは、「このレベルではまだ足りない。僕たちのゲームはまだ改善されなければならない」と強調。相手に多くのチャンスを許したと右SBは不満を呈した:「ウィンターブレイク前の数試合では必要のない失点を許していた。それを僕たちは改めなければならない。」

攻撃においてもまだ未完成。アリエン・ロッベンは、「オフの前の3試合では14ゴールを決めた。だけどまだわれわれには多くの課題がある」と述べた。ルイス・ファン・ハール監督はドバイで彼の選手たちとともに連係およびポジショニングに磨きをかける。もちろん、コンディションもだ。同FCバイエルン監督は、「しかしながら、私はオフの間に多くのスタミナを失ったとは考えられない」と述べた。

常にボールを使う