presented by
Menu
「すでにとてもいい状態」

ファン・ハール、チームにとても満足

天気、雰囲気、トレーニング全てよし – ルイス・ファン・ハールはミュンヘンに戻る2日前に、ドバイでのFCB滞在についてとてもポジティブに総括することになった。バイエルン監督は金曜、「とても満足している、とてもいいキャンプだった。われわれはすでにとてもいい状態だと考えている」とコメント。この日再び2部練習となった。

ファン・ハールは木曜の午前だけドバイで選手たちに休息を与えることになった。同監督は、「われわれはハードにたくさんトレーニングをした」と述べた。ヨルク・ブットはこう語った:「われわれは短期間にとても集中してトレーニングをした – 初日からね。これは数人の選手を驚かせることになった。」

スターティングメンバーはすでに頭の中に

ファン・ハールはドバイでは意識をして、トレーニングの密度を上げるためにテストマッチを組むことはなかった。同58歳は、「トレーニングはテストマッチよりも大切」と述べた。これがチーム内でいい反響をよんでいる。フィリップ・ラームは、「これでシーズンの準備が落着いてできる。しっかりとトレーニングできる」と説明した。

バイエルンはしっかりとトレーニングをすることができた。ファン・ハールは、「これが私の考える準備」とコメント。1週間後のホッフェンハイムとの後期開幕戦のスターティングメンバーをFCB監督はすでに頭の中に入れている。彼は、「多くのことが変更することはない」と示唆、そしてそれをトレーニングの中でのゲームで示していた。彼は常に、Aチーム対Bチームでゲームをさせている。「どの布陣で私が指導しているかをすでに目にしたはずだ。」

トレーニングでは叱咤激励

これにより前期最終戦ヘルタBSCベルリンとの一戦と比べ、当時累積警告していたマルク・ファン・ボンメルが新たにFCBのスタメンに入ってくることになる。ロッベン、シュヴァインシュタイガーとミュラーらとともに彼はトレーニングのなかでフラットなMFを形成、FWにはオリッチとゴメスがプレーする。GKブットの前には、ラーム、ファン・ボイテン、デミチェリスとバドシュトゥバーがフォーバックを組む。

しかし、ファン・ハールはドバイでBチームの選手たちにスタメンの機会を奪うつもりはなかった。トレーニングの中でいつでもポジションを奪うことができると彼はコメント。そのため、選手たちはドバイでとても積極的だ。ブットは、「誰も練習のなかでのゲームで負けるつもりはない」と報告、「100%出さなければ、チームメートから怒られることになる。」