presented by
Menu
止まらないFCB

マインツ戦で貫禄のゲーム

土曜のアリアンツ・アレーナ、一人だけ嫌な感覚があった: ルイス・ファン・ハール。アリエン・ロッベンが決勝弾を奪い、彼に駆け寄ったとき、同FCB監督は用心しながら手をだし、少しだけ後ろに下がった。一週間前のブレーメンでは、歓喜を露に駆け寄るロッベンの前に逃げようとした際に転倒、右太ももを負傷した。ファン・ハールは、「とてもゆっくりと動かなければならない、ゴールのときもね。ロッベンが再び自分に向かってきたとき、少しばかり不安があった」と報告。

そのことがこの日の唯一の不安となった。そのほかはマインツとの一戦はワンサイドゲームに展開。シュート数31:6、クロス数26:2、CK数9:1、ボール支配率(%)64:36 – FCバイエルンがゲームを制していた。ヨルク・ブットは、「今日は、誰が試合に勝つかという問いは全くなかった」と試合後にコメント。マリオ・ゴメスも、「ゲーム中に一度も、自分たちが勝てないという感覚はなかった。」

6万9千人の観衆で完売になったアリアンツ・アレーナの中での唯一のクエッションは、いつ先制弾が生まれるかということだった。FCバイエルンは前半だけで21本のシュートを放った、しかしハーフタイムを0:0で迎えた。ポスト直撃(30.)、または前半32分にブットのPKを止めたマインツGKハインツ・ミュラーに先制点を阻まれた。

止まらない

PK失敗とチャンスを逃す – これがゲームを手放す結果にもつながる。しかし、FCバイエルンが止まることはない。ゴメスは、「数ヶ月前の自分たちなら苦戦したかもしれない。そして辛勝またはドローだっただろうね」と語った。今ではレコードマイスターの優勢は結果にも表れる。マインツ戦では、ダニエル・ファン・ボイテン(58.)、ゴメス(75.)とロッベン(86.)がゴールを決めてチームを快勝に導いた。