presented by
Menu
「まだ時間がかかる」

リベリー、マインツ戦再びジョーカー

2010年1月30日 – ミュンヘンのアリアンツ・アレーナが歴史的な一日を迎えることになると2日前から断言できる。バイエルンスタジアムは100回目の完売となる。

6万9千人の観衆(2005年5月のオープンより平均66.294人が来場)が土曜、再びマインツ戦で多くのゴール、そして先週末に長期離脱からメンバー復帰したフランク・リベリーを楽しみにすることになる。ルイス・ファン・ハールはすでに同フランス人が土曜日にスタートからプレーしないことをそれとなく報告。

同FCバイエルン監督は木曜、「彼はまだ万全ではないと考えている」とコメント。しかしそのなかでもリベリーはステップアップしている(「彼はまた一週間トレーニングを積んだ。」)、しかしスタメン復帰にはまだ早すぎるようだ。ファン・ハールは、「まだ時間がかかる」と述べた。リベリーは先週末にブレーメンで22分間プレー、そして火曜日のインゴルシュタットとのテストマッチでは60分間出場。

ファン・ハール、ヴィクトリーイレブンを信頼

同フランスの旋風は試合後、「まだ100%ではない」とコメント。膝蓋腱炎で彼が前期を棒に振ることになった左ヒザに問題はなかった。「それが一番大切なこと」と彼は確信して前を見据える。リベリーはマインツ戦、「最低でも45分間プレーできれば」と望んでいる。

ファン・ハールは、「フランクは自分が万全でないことを知っている」とスタートからの出場はないとも話した。「われわれは万全で体調のいい選手が必要」と同FCB監督は説明。同監督は土曜、これまでのヴィクトリーイレブンを再びピッチに送るつもりだ。「われわれが常に勝ち、今までのようにプレーすれば、私は変更するつもりはない」とファン・ハールは述べた。