presented by
Menu
ソックスを履いてトレーニング

リベリー、再びピッチへ

ルイス・ファン・ハールはミュンヘンに戻る2日前、ドバイキャンプに「とても満足している」。1つだけFCバイエルン監督を煩わせることがある: フランク・リベリーの負傷。「ロッベンとリベリーを融合させることも目的だった」と彼は金曜日にコメント。「これを行うことができなかった。」アリエン・ロッベンがチームとともにトレーニングするなか、フランク・リベリーは親指の炎症のために一度もチーム練習に合流できなかった。

ファン・ハールは、「彼がチームとトレーニングができないのはがっかりだ」とコメント。「全てのことを築きあげるための1週間だった。彼を大会途中に再び融合させなければならない。彼だけではなく、私にとっても、そしてチームにとっても難しいことだ。」リベリーは金曜、少なくともピッチに戻ってきた。ランニングシューズまたはソックスを履いて、リハビリコーチのトーマス・ヴィルへルミと個人メニューを消化。このトレーニングのなかでドバイでは初めてボールが使われた。ファン・ハールは、「爪はすでに乾いている、だけど彼はまだシューズを履かなければいけない」と報告。

リベリー、間もなくチーム練習合流

リベリーがドバイでチーム練習に合流できるかどうかは未定。ファン・ハールは、「来週一緒にトレーニングできると考えている」とコメント。同監督はすでに同フランス人を1週間後の後期開幕戦でメンバーに入らないことを断言した。これは来週火曜のバーゼルでのテストマッチでも該当する。

ファン・ハールは、「チームはここ、フランク・リベリーはここ」とリベリーの調整不足をはっきりとさせるために彼の腕を始め頭部の位置まで上げ、そしてお腹の高さに戻した。「これを取り戻すのは難しい。」リベリーがプレーしたのは3ヶ月前、膝蓋腱炎に続き親指の問題が彼を戦線離脱に追い込んでいた。しかし同フランス人はチーム練習に復帰し、メンバーに入る手前だ。

ロッベンはフル活動

アリエン・ロッベンの状態は全く違う。前期にヒザを手術した後に長いこと復帰に向けて戦っていたオランダ人はチームと同じレベルに達しているとファン・ハールは報告した。「彼はとてもハイレベルな全てのトレーニングを一緒に行った。彼は常に100%、またはそれ以上の力でトレーニングをしてきたんだ。彼の状態はとてもいい。彼はチームに融合された」とFCバイエルン監督はコメント。