presented by
Menu
強さを披露

レンジング:「週ごとに良くなっていく」

ルイス・ファン・ハールはアリエン・ロッベンが近づいてくることを察知し、逃げようと試みた。しかし、ブレーメンのヴェザー・スタジアムの湿って滑りやすいトラックの上で、モダンな紳士靴では勝ち目はなかった。同バイエルン監督は滑って、ふらつき腰から転倒。そのなかで得点者ロッベンを祝福することになった。

FCバイエルンはカップ戦覇者のヴェルダーに3:2と快勝し、再び少なくとも一夜限りの暫定首位に返り咲いた。ファン・ハールは、「今日は、私はとても幸福な監督」とコメント。指には絆創膏がみられ、「指から出血してしまった。しかし、3:2で勝てば、問題ない。」

同58歳の監督は、「3:2という点差でしか」と強調。「信じられない、もっと大差の勝利でなければならなかった。」試合内容からいけば、5:1だったとファン・ハールは述べた。「マン・オブ・ザ・マッチ」のロッベンは、「われわれは今日、もしかすると10点奪うことができていたかもしれない」とコメント。ファン・ハールは、「われわれはとてもいいサッカーをした、しかし多くのチャンスを決められなかった。それが残念。ベンチでもそのストレスが最後まであった」とコメント。

ファン・ハールはハイレベルの「苦情」を少しばかり呈していた。決定力を除いて、チームがブレーメンで魅せたものは超一流のものだった。ヴェルダー監督トーマス・シャーフは、「中立の立場、そしてとくにバイエルンファンにとってすばらしいゲームだったとディスカッションしなくてもいい」と吐露:「われわれはまだここでこれほど多くのチャンスを作りだすバイエルンチームを経験したことがない。」

ブレーメンでの一戦は、今現在のバイエルンの強さをデモンストレーションしていた。アーロン・フント(10.)のゴールでブレーメンが先制する前に、ロッベンとイヴィチャ・オリッチが「100%」のチャンスを逃した。90分を通して、ヴェルダーゴールを危険な攻撃が襲った。トーマス・ミュラー(25.)、イヴィチャ・オリッチ(35.)とロッベン(78.)のゴール後に大差で勝てなかった原因は、マリオ・ゴメス、ロッベンとチームメートの冷淡さの欠如にあった。

バイエルンは前期、いくつかのゲームを個々の力で勝利していた。しかし今ではチーム全体がハイレベルでプレーをしている。ウーゴ・アルメイダ(75.)に同点に追いつかれるも問題なかった。そしてゴールキーパー交代も難なくのりきった – ミヒャエル・レンジングが胃腸痛のヨルク・ブットに代わり、後半から出場 – ファン・ハールイレブンがペースを握らせることはなかった。