presented by
Menu
2位に浮上

レヴァークーゼン、FCBの行く手を阻む

日曜夜、FCバイエルンでは少しばかり希望を抱いていた - バイヤー・レヴァークーゼンがTSGホッフェンハイムでとりこぼす – しかし、ヘルプストマイスターはミュンヘンのブレーメン戦勝利に動じることなく、3:0と快勝して首位に返り咲いた。同チームは勝ち点2ポイントほどバイエルンをリードしている。

クリスティアン・ネルリンガーは、「1位であれば良かっただろうね」とコメント。「しかしわれわれの最近のサッカーの方が自分には興味があるんだ。期待させてくれる。」僅差で勝利したブレーメン戦で - 試合の流れからいけば5:1の快勝を思わせる – バイエルンはブンデスリーガ6連勝。

レヴァークーゼン、「当然のトップ」

トーマス・ミュラーは、「今のところ、自分たちをストップできるのは自分たちだけ」とブレーメンでの勝利後にコメント。リーガ第19節後、バイエルンは少なくとも3位から2位に浮上。マガトのシャルケがボーフムでロスタイムに2:2となる同点弾を許した。

レヴァークーゼンだけがリーガ第12節8位から上位を目指すミュンヘンの行く手を阻む。バイエルンからレンタル移籍しているトニー・クロースは、「バイエルンは2度暫定首位に立った。そして自分たちは2度首位に返り咲いたんだ。自分たちが安定しているということを示したんだ」とコメント。ユップ・ハインケス監督は、前半の内容にはまだ満足していなかった。「その後からわれわれが上位にいて当然ということを示した。」