presented by
Menu
リベリー復帰間近

ロッベン:「リベリーと共により危険に」

アリエン・ロッベンとフィリップ・ラームが水曜、一緒にプレス会見に出席したのは偶然のことだった。FCバイエルンのメディア部長マルクス・ヘルヴィックは月曜午前にプランを作成、ロッベンとラームがトレーニングで衝突する前だった。ドイツ代表DFのタックル後にロッベンが激怒、小突いて「リベンジ」する形となった。トーマス・ミュラーとイヴィチャ・オリッチが介入し、事態を落着かせた。

ラームは、「5対5の真剣勝負、こういうことはある。だけどトレーニングの後に話しをして、すでに解決したよ」と語った。ロッベンも、「もう全く問題ないよ。後で握手をして、抱き合ったんだ。フィリップは同僚であり、友達なんだ」と強調。同選手はラームとともにFCバイエルンの右サイドを任されている。彼はオフェンシブ、そして後方にはラームがいる。

このトレーニングの衝突がバイエルンチームの現在の雰囲気を途絶えさせることは確実にない。ロッベンは、「うまくいけば、雰囲気はいつもいい」とコメント。バイエルンはリーガで5連勝、土曜日のブレーメン戦でも「勝ち点を奪取」するつもりとラームは説明:「僕が勝ち点と言えば、勝ち点1という意味ではないよ。自分たちはできるだけ長く連勝を持続させるつもり。」

これを達成するためには、調子のいいヴェルダーチームに対しても、対人プレーのなかでアグレッシブさは必要となる。ラームは、「そこまで強くではないけど、同じように強く土曜日もいかなければならない」と強調、ロッベンとのトレーニングでの対決についてもコメント。オランダ人は、「トレーニングのなかで引き続きしっかり取組んでいき、集中を保てば、自分たちはとてもクオリティーの高いいいチームとなる」とコメント。FWマリオ・ゴメスは、「ポテンシャルからいけば、自分たちはドイツで一番強いチーム」と信じる。

バイエルンチームのクオリティーが間もなく、より大きくなる。フランク・リベリーがブレーメン戦、3ヶ月ぶりにメンバー入りする可能性が高い。ラームは、「彼は一人でゲームを決められる、そして常に数人の相手を引きつける。彼はチームを異なるレベルに引き上げるんだ」とコメント。ロッベンは、「彼が復帰してくることをとても嬉しく思っている」とコメント:「彼はワールドクラスのプレイヤー、彼と一緒になれば自分たちはより危険になると考えている。」