presented by
Menu
ブレーメン戦のコメント

ロッベン:「10点奪うことができていた」

勝利、再び首位浮上 - ルイス・ファン・ハールは、「今日は、私はとても幸運な監督だ」とブレーメンで3:2と勝利した後にコメント。FCバイエルン監督は一つだけ不満を呈することがあった:「われわれが3:2という点差でしか勝利できなかったことは信じられないこと。もっと大差の勝利でなければならなかった。」勝ち越しゴールのアリエン・ロッベンもこう述べた:「今日はもしかすると10点奪えていたかもしれない。」

バイエルンは公式戦8連勝後、自信をもってレヴァークーゼンと首位の座を争うことになる。ミヒャエル・レンジングは、「自分たちがこのままプレーしていけば、重圧は常に大きくなる」と述べ、「全員がタイトルをミュンヘンに持ち帰ろうと熱くなっている」と続けた。

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「今日は、私はとても幸運な監督だ。ヴェルダー・ブレーメンはハイリスクでプレーしてきた。それをわれわれが利用することになったんだ。われわれが今日、とても攻撃的だったことが気に入った。残念ながらわれわれのチャンスをしっかりと活かすことができなかったがね。われわれが3:2という点差でしか勝利できなかったことは信じられないこと。もっと大差の勝利でなければならなかった。とてもいいサッカーをした、だけど多くのチャンスを逃したんだ。それが残念。ベンチでもそのストレスが最後まであった。ヴェルダー・ブレーメンとの対戦なら単純にはいかない。」

アリエン・ロッベン:「われわれはとてもいい方向に進んでいる。いいサッカーをしているよ。今日はもしかすると10点奪えていたかもしれない。そのぐらいたくさんのチャンスがあり、活かすことができなかった、それは自分にも言えること。もしかすると今日はキースリング(レヴァークーゼン、現在得点ランキングトップ)を追い越すことができていたかもしれない。たまにボールが入らないことがあるんだ - そしたら一番難しいシュートが入った。」

ミヒャエル・レンジング:「レヴァークーゼンが今季、トップに居続けることになると考えている。だけど自分たちは週ごとに良くなり、自分たちの能力を示すんだ。自分たちが今日、チャンスを活かすことができていたら、根本的に大差で勝利していただろう、しかもブレーメンでね。自分たちがこのままプレーしていけば、重圧は常に大きくなる。もしほかのチームがポイントを落とせば、自分たちがトップにいることになる。マイスター奪取までまだ道のりは長い。全員がタイトルをミュンヘンに持ち帰ろうと熱くなっている。」

トーマス・シャーフ(ヴェルダー監督):「バイエルンファンにとってすばらしいゲームだったということをディスカッションする必要はない。われわれはミュンヘンに多くのチャンスを許してしまった。これほどまでは未だかつて経験したことがない。そのことについて反省しなければならない。」