presented by
Menu
首位を視野に

後期に成功する7つの理由

FCバイエルン先勝、ライバルたちが続く。ドイツレコードマイスターは金曜日の後期開幕戦でホッフェンハイムを2:0と破った後、一夜だけブンデスリーガ首位に立った。しかしレヴァークーゼンおよびシャルケ04も土曜と日曜に彼らのゲームを制し、FCバイエルンを再び追い抜いた。レヴァークーゼンは勝ち点38ポイント、シャルケは37、バイエルンは36 – 首位までの差が引き続き縮まる。

ミロスラフ・クローゼは、「一試合だけで首位になることは少しばかり単純だったかもしれない。少しばかり我慢が必要」と述べた。同選手はほかの全てのミュンヘン選手と同じく、FCバイエルンが最終的にほかのライバルを追い抜けると確信している。「バイエルンは首位にいるチーム。われわれの目標は、できるだけ早く首位になること。」fcbayern.deはレコードマイスターの追撃が最終的に成功する理由を7つみつけた。

1)スタート
FCバイエルンは後期初戦後、すでに前期序盤3試合後よりも勝ち点を奪取することになった。マルク・ファン・ボンメルは、「前期3試合後に勝ち点2ポイント、そして5試合後には勝ち点8ポイント。自分たちは今回、より多くのポイントを勝ち取らなければならない。われわれは良いスタートをきった」とコメント。ブレーメン、マインツ、ヴォルフスブルクとドルトムントが次節以降の対戦相手。「これらの試合が今後の行方を左右する」とファン・ボンメルは言う。

2)プレースタイル
前線では得点、後方では失点を許さない – 公式戦7連勝では、結果だけが確信させるものではなかった。バイエルンの敵の制し方は今後の躍動を確信させる。フィリップ・ラームは、「自分たちのプレースタイルには大きな違いがある。どのようにプレーしたいかが明確なんだ」とコメント。ファン・ボンメルはこう述べた:「自分が何をしなければいけないのかをみんなが分かっている – これが決め手。」

3)ポジション争い
ウィンターブレイクに4選手退団、22人のプロ選手がスタメンを懸けて競う。どのポジションにも控えが存在する、以前のように一つのポジションに3、または4選手がいることはない。クリスティアン・ネルリンガーは、「スタメンの見通しがなくなった選手はトレーニングパフォーマンスや自身の成長が急激に落ちていく」と説明。そして、ライバルのプレッシャーがレギュラー陣にベストパフォーマンスをだそうと奮い立たせると同スポーツディレクターは続けた。