presented by
Menu
暫定首位と前半戦

FCB、マインツ戦モチベは2倍

FSVマインツ05とのホーム戦を前に、FCバイエルンで負傷しているのはわずかに1人: 監督。左手の薬指と中指および右足の太ももを前節のブレーメン戦で負傷。同監督は駆け寄ってくるアリエン・ロッベンから逃げようとした際に転倒した。ルイス・ファン・ハールは、「彼は自分にとって速すぎる、自分の筋肉は冷たく、もしかすると歳をとったのかも」と自分の転倒について笑顔で語った。同監督は土曜のマインツ戦(15時15分からライブテレタイプとFCB.tv-Webラジオで試合中継)、タッチライン際で「それほど激しく」なることはないとも語った。しかしながら、バイエルン監督の心の中ではまた熱く燃えることになる。

マインツ戦、勝負の行方は分からない。バイエルンは前期、敵地で1:2と敗れた。ファン・ハールは、「私がバイエルン・ミュンヘンを率いて初めて敗れた試合。とても失望した」と8月の午後の一戦をきわめてしっかりと回想していた。「私の選手たちが唯一100%を出さなかった一戦。私は当時、開始30分で2人の選手を交代させた。それが十分に物語っている。」

マルク・ファン・ボンメルも前半戦にいい思い出はない。同FCB主将は当時、ケガのためにピッチ上にはいなかった。しかしテレビ観戦からの印象は忘れられないものだ。「始めの前半戦はもしかすると今季最悪かもしれない。そこでは全く機能していなかった」とマインツとの再戦を前にコメント。

そのなかでもバイエルンはリベンジについて語るつもりはない。ファン・ハールは、「当時のゲームと関連しているものは何もない。われわれは今、全く違う状態。選手たちは全員、向上した」と述べた。同監督は、準備のために前半戦のビデオを観させることはない。マリオ・ゴメスは、「われわれは勝つつもり、だが、リベンジをするつもりではなく、自分たちにとって大切なゲームだから」と強調した。

再び暫定首位か?

レコードマイスターは勝利することにより、再び暫定首位となることができる。ゴメスは、「われわれは今のところいい状態、そしてそれを土曜日にもみせたい」とFCバイエルンの好調に視線を向ける。公式戦8連勝、そのなかの6勝はブンデスリーガ、そしてリーガ12試合負けがない – マインツ戦前のバイエルンの印象深い戦績。