presented by
Menu
後期開幕戦のコメント

FCB監督:「ライバルたちを不安にさせた」

後期開幕戦、白星 – FCバイエルンはホッフェンハイム戦に2:0と勝利して、久しぶりに首位に浮上した。しかしながら、勝利したことだけがミュンヘンの選手たちを輝かせたのではなく、試合内容が今後の試合に向けて勇気を与えることになった。ライバルたちは脅かされている。ルイス・ファン・ハール監督もそのように考えていた。「われわれがいいチームだということを今日の夜に目にすることができた。われわれが少しばかり(ライバルたちを)不安にさせることを望んでいた、それを実践できた。」

コメント一覧

ルイス・ファン・ハール:「前半はいいサッカーができなかった。後半はいいプレーができ、すばらしいチャンスを作りだした。これ以上ゴールを奪えなかったのは残念。だけど2:0の結果もいい。われわれは前半、スペースを消せずに多くのミスパスをしてしまった。後半はこれをうまく改善できた。われわれがいいチームだということを今日の夜に目にすることができた。われわれが少しばかり(ライバルたちを)不安にさせることを望んでいた、それを実践できた。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「結果からいけばいい試合だった。もしかするともう1点奪えることができたかもしれない。ホッフェンハイムはいいチームだから難しかった。彼らはとても圧力をかけてきて、彼らのチームには速い選手がいた。まずはこれに対応しなければならない。僕たちがよりいいプレーができることを知っている、だけどそのなかでいいゲームを示したんだ。僕たちは前線でいい時間帯にゴールを奪い、失点をゼロにすることができた。これはとてもすばらしいこと、とくに自分たちが一夜ほど首位だということはすばらしいよ。」

ミロスラフ・クローゼ:「2010年にいいスタートをきることが自分の目標だった。これがテストマッチでうまくいき、そして今日やっとゴールを決められた。自分の目標は自分のいい時を取り戻すこと。FWのなかでは十分にライバルがいる。自分たちは皆、理解し合っている、これはすばらしいこと。われわれはフェアでいいポジション争いがトレーニングのなかであり、監督にとって選択肢があるのはいいこと。後期の始めには厳しい試合が続く、だけど自分たちが勝ち続けられるようにしたい。」

マリオ・ゴメス:「自分たちは2:0と勝てた。もちろん、自分もゴールを決めたかった。少しばかり悔しい。ウィンターブレイクにより少し感覚が欠けていたと思う。だけど後半のようなプレーを自分たちがすれば、感覚をまた取り戻せられる。自分たちの立ち上がりはよくなかった、だけどより多くのゴールを奪えるチャンスを作りだした。自分たちは勝利に値する内容で勝ったんだ。夏のときのようなスタートはきりたくなかった。そして、自分たちが大分安定してきたこともあり、このようなことはもう一度起こらないとも知っていた。自分たちは全く異なるゲームができるんだ。自分たちはほかのチームメートが何をして、ピッチ上で自分の隣にいる選手を信じられると知っている。だから、自分たちが今後多くの試合に敗れることはないんだ。」

ラルフ・ラングニック:「前半は完全にオッケーだった。いくつかのファウル、セットプレーは多過ぎた、だから失点を許すことになった。ピッチ上にいたチームは局面的にとても良かった。クオリティーとやり抜く力が前線で欠けていた。バイエルンの勝利は最終的に当然のものだった。ブットはスーパーセーブをしていた。ボールに反応して、ゴール隅のボールを止めるキーパーがいる。彼がみせたセービングは一流のものだった。」