presented by
Menu
ファン・ハール

「リベリーはこれまでよりも良くなる」

ルイス・ファン・ハールが戦術ボードの前に立ち、彼の能力を示した。バイエルン監督は、「われわれは一度もこのようにプレーせず、常に相手のコート半分でプレーするんだ」と司会者のマルクス・オットマーの方を向きコメント、そして彼の選手 – バイエルンプロ選手の顔写真入りのマグネット – を全て前線へと動かした。すぐ後に彼は今現在のヴィクトリーイレブンを配置。

ファン・ハールはリベリーのマグネットをタッチライン際に置いた。同58歳のサッカー監督は、「リベリーは重要なプレイヤー、しかし彼はまだ万全の状態にならなければならない」とコメント。彼は同フランス人を2度ほど途中出場させた。ロッベンの復帰時も同じようなことをした。「ロッベンもウィンターブレイク前は、3度ベンチスタートだった。彼も万全ではなかった。その後、彼はドバイで一緒に準備をして、今ではとても好調なんだ。」

ロッベン、まだいいプレーができる

リベリーは2週間ほど「とてもいいトレーニングをしている」とファン・ハールはコメント。同監督は、ブレーメン戦に比べマインツ戦で彼のパフォーマンスが向上していることを認識した。「以前よりもいい状態で戻ってきてくれるだろう – 私が望んでいることだ。」ファン・ハールは、ここのところすばらしい活躍をみせるロッベンについて「もっと良くなる」とコメント。ライバルチームに対する脅迫のようにも聞こえた。

今回がファン・ハールの2度目のテレビ出演。クリスマス前には第2ドイツ放送のスポーツスタジオにゲストとして出演、月曜夜にはバイエルン放送の「Blickpunkt Sport」。これまでにないほどこの夜、バイエルン監督は好感のあるユーモアに富んだ人柄をみせた。彼がリベリーならどうするかという質問に、彼はこうコメント:「バイエルン・ミュンヘンに残るだろう、彼らにはいい監督がいて、常に良くなっているチームだからね。」

ファン・ハール、魅了される

ファン・ハールのミュンヘンでのスタートが難しかったことはいうまでもない。レコードマイスターの順位は当時、2ケタまでに転落。しかしながら、11月下旬よりファン・ハールイレブンは好調。公式戦9連勝、3タイトルにまだ可能性が残る。監督がこれら全てを期待していたことだ。「私の最初のプレスカンファレンスで、難しくなると言ったんだ。私は肉体ではなく、とても頭脳を使う監督。私は選手からとても多くのことを求める、それは始めはいつも難しいことだ。」

選手たちがこの数週間、ファン・ハールのサッカースタイルであるボールキープおよび優勢を試合ごとに実践していくのを目にすることができた。ファン・ハールは、「ラストマッチはとてもすばらしかった」とマインツ戦に3:0と勝利したときのチームのパフォーマンスに魅了されていた。彼のチームは今のところ、相手DFの要塞を粉砕できる力がある。シーズン当初では、「われわれはポゼッションゲームをすることができなかった。今はコンビネーションが機能して、ボールが動いている。」