presented by
Menu
ディエゴ・「アルマンド」・コンテント

「両親はナポリファンだった」

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ – サッカーファンにとってはメロディーのように耳に入ってくる名前である。プレイヤーとしてのラストゲームからほぼ13年、それでもアルゼンチン代表監督は全ての年代のベストフットボーラーの一人。エキスパートの多くは彼のことをベストプレイヤーと称する。

FCバイエルンにも現在、一人のディエゴがいる。後期からディエゴ・アルマンド・コンテントはトップチームに属している。10日以内に彼はDFBカップ、チャンピオンズリーグと先週末のニュルンベルクでのブンデスリーガでデビューを果たした。同19歳はニュルンベルクとの一戦ではスタメン出場。コンテントは、「この2週間はとても良かった。自分にとっては夢が叶った」とfcbayern.deとの談話のなかでコメント。

両親はナポリファン

マラドーナとは逆にバイエルンのディエゴはディフェンス。コンテントは左サイドバックを得意とする、しかしマラドーナと同じレフティー。体型からいけば2人とも似ている。コンテントは1m76、1m65のマラドーナよりも少し大きい。

コンテントはマラドーナのサッカーに熱狂、同名をつけてくれたイタリア人の両親に感謝している。コンテントは、「彼らはナポリ出身、もちろんナポリの大ファン」とfcbayern.deの問いに答えた:「マラドーナは当時、ナポリの大スター。」

ミュンヘン生まれ

コンテントはミュンヘンで生まれた。彼は1990年5月1日にバイエルン州都に生まれ、FCバイエルンの全てのカテゴリーを経験。彼は2008年12月始め、アマチュアチームとともに3部リーガでプレー、今年の1月には2011年6月30日までのプロ契約を締結。彼はドイツU20代表では3試合に出場している。

スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは、「彼はブンデスリーガでプレーできると信じている」と若手のコンテントについてコメント。「われわれは彼をサテライトで長いことチェックしていた。そのなかで彼は必要なものを全て備えている: テクニック、スピード: 順調にいくことを願っている。」実際のところ、この名前ならうまくいかないことは決してない。