presented by
Menu
ブットが契約延長

「成功を目の前にしている」

ヨルク・ブットが火曜午前、満足した表情でゼーベナー・シュトラーセのFCバイエルンヘッドオフィスを後にした。同35歳はドイツレコードマイスターで新契約を締結。ブットは2011年6月30日までFCバイエルンのユニホームを着ることになる。





インタビュー: ヨルク・ブット

fcbayern.de: 新たに契約 – いい感じかな?
ヨルク・ブット:「もちろん。FCバイエルンに残りたいという気持ちがあることはすでに分かっていたこと。嬉しいよ、もちろん新シーズンを楽しみにしている。だけど今はまずは今シーズンのことを考えなければいけない。まだ3大会を成功ある形で終えるチャンスがあるからね。」

fcbayern.de: 今季、コンスタントにいいパフォーマンスをだしてきました。多くの試合で本当にチームを助けてきたよね。新契約がこれを証明することになる?
ブット:「FCバイエルンから契約延長できるチャンスがあるということは確実に自分の力を証明したことになる。このクラブと成功したい、そして成功あるシーズンを楽しみにしている。」

fcbayern.de: 契約は一年延長。その後、FCバイエルンに残るという考えはある?
ブット:「それは可能性がある。だけど一年延長することが自分の願いだったんだ。サッカーの世界ではいつも多くのことが起こる、そして自分はいつも一年間に集中するんだ。それからどのように進行していくのかをみて、次の決断を下すことになる。サッカーの世界ではあまり先のことを考えるべきではないんだ。」

fcbayern.de: これまでにまだ一度もタイトルを奪ったことがないよね。この契約延長でいずれにしてもタイトル確保が可能になったのでは?
ブット:「チーム全体が今季、とてもいい成長をとげたと思っている。すばらしい時を目の前にしていると思っているし、ポテンシャルをより強くしていけるとも思っている。国内でいくつかタイトルを奪えると確信している。われわれの大きな目標はもちろんドイツマイスター、カップもミュンヘンに持ち帰るつもり。インターナショナルでも良い成績を残すことができるようにしたい。」