presented by
Menu
バイエルンボス

「油断すれば危険なことになる」

FCバイエルンが成功の道を歩む – 英国週間が始まる前、契約延長およびドイツサッカー協会での契約についてディスカッションがされた – カール=ハインツ・ルンメニゲが月曜夜、スポーツ番組にゲスト出演。fcbayern.deはFCB代表取締役社長の重要なコメントをまとめてみた。



カール=ハインツ・ルンメニゲ

ヴォルフスブルクでの勝利後のルイス・ファン・ハールの苦言について:
「あれは正しく、とてもすばらしかったと考えている。8試合勝てば、油断する傾向がある。選手たちは監督の意図をすぐに理解していた。ウィンターブレイク後に4試合を消化、これから熱い戦いを目の前にしていることを忘れてはいけない。土曜日のようなミスをしてしまえば、特にチャンピオンズリーグでは危険なことになりかねない。」

ルイス・ファン・ハールについて:
「ルイス・ファン・ハールはとても厳格でプロフェッショナルに取り組む監督。人間としてはいつも簡単ではないが、彼は完全なるプロ – 根本的にそのことが、われわれが彼と契約したときに望んでいたこと。シーズン当初は戦績が振るわなかった。われわれは当時、とても冷静にそして客観的になって真剣にこのテーマに取り組んだことがとても大切だった。彼が当時、バイエルン・ミュンヘンは信頼することのできるクラブだと感じたと思っている。」

30歳以上の選手には1年の契約延長をする方針について:
「われわれは昨年、マルク・ファン・ボンメルと1年契約をした。しかしながら、それは方針ではない。大切なのは選手がFCバイエルンにマッチしていることをわれわれが知ること、そして少なくとも2年間、高いレベルでプレーすることができると確信することなんだ。これはダニエル・ファン・ボイテンのケース、マルク・ファン・ボンメルに関しても私はそれはないとは言えない。先週、マルクと話し合いを行ったんだ。彼はわれわれに喜んでFCバイエルンに残留したいと伝えてきた。近いうちにわれわれは彼と話し合いをすることになる、われわれが解決できるとも楽観的に考えている。これはすばらしいシーズンを送っているヨルク・ブットにも言えることだ。」