presented by
Menu
バイエルン – HSV

アリアンツ・アレーナにオランダ人集結

ピッチ上に5人のオランダ人プレイヤー、バイエルンベンチには2人のオランダ人、スタンドにはオランダ代表監督、アリアンツ・アレーナの芝もオランダ産 – FCバイエルンが日曜夜、ブンデスリーガトップ対決となるハンブルガーSVを迎えるにあたり、フレットマニングはほぼ「オレンジ」に輝くことになる。

バイエルン主将マルク・ファン・ボンメルは、「オレンジ軍団のゲームとなる。ピッチ内外にたくさんのオランダ人がいる。楽しくなる」とオランダ人集結の前にコメント。MFアリエン・ロッベンは、「オレンジはすばらしいカラー、とくにサッカー界ではね」と述べ、ルート・ファン・ニステルローイとの再会を楽しみにしている。HSVの冬季新加入プレイヤーは少し前まではロッベンと同じレアル・マドリードにいた。「彼をよく知っている。彼は友達」とロッベンはコメント。

ヘッセリンクからファン・ハールへ

FCバイエルンサイドではファン・ボンメルとロッベンがピッチ上でオランダサッカーを魅せる。オランダ人のルイス・ファン・ハール監督が今シーズンよりタクトを振るう。アシスタントコーチのアンドリース・ヨンカーのほかに、2人ほど同国出身のスタッフがいる(ヨス・ファン・ダイクとマックス・レッカース)。

「サッカーはいつもチーム対決、だけど日曜日は確実にオランダ人対決でもある」とファン・ハールは試合前にコメント。FCバイエルンは創立110周年に相応しいゲームにするつもりだ。オランダ人集結はこの日にマッチしている: レコードマイスターの初代監督はアーネム出身のDr.ヴィレム・ヘッセリンク(1903-1908)。

オランダ代表監督も観戦

HSVが隣国のフットボーラーを頼るのは今季が初めてではない。ストライカーのファン・ニステルロイは筋肉系の問題があり出場が微妙だが(ロッベン:「万全で調子が良ければ、彼は今でもワールドクラスのベストプレイヤーの一人」)、ヨリス・マタイセンとエレイロ・エリアはスタメン出場予定。HSVの4人目のオランダ人ロメオ・カステランは今現在、リハビリ中。

オランダ代表監督もブンデスリーガのオランダ人対決を視察したいというのは不思議ではない。ベルト・ファン・マルバイクはアメリカとの代表戦3日前にドイツでプレーする選手たちをチェックするつもりだ – もちろんファン・ボンメルを氏名にもつ彼の娘と孫にも会うことになる。