presented by
Menu
ユーロ選手権2012予選

グループA、バイエルン代表選手揃う

ポーランド/ウクライナ共催のヨーロッパ選手権2012の予選では、バイエルン選手同士の直接対決が多くみられそうだ。ドイツ、トルコ、オーストリアおよびベルギーなどがグループAに入った。ベルンド・ストーク率いるカザフスタン、元代表監督ベルティ・フォクツのアゼルバイジャンらも同グループとなった。

ヨアヒム・レヴ代表監督は日曜、「ドイツ人監督のいるドイツ語圏のグループ」とポーランド首都ワルシャワで行われた抽選会後にコメント。「トルコとともにわれわれは本命馬。」

フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ミロスラフ・クローゼとマリオ・ゴメスらは同僚のトルコ代表MFハミト・アルティントップ、ベルギー代表DFダニエル・ファン・ボイテンそしてオーストスリア代表FWデヴィッド・アラバらと対戦することになる。

リベリーのフランス、厳しい組み合わせ

厳しいグループに入ったのが、フランク・リベリー率いるフランス。同26歳MFはグループDでルーマニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベラルーシ、アルバニアとルクセンブルクと対決する。興味深い対戦を迎えるのは「オレンジ軍団」のマルク・ファン・ボンメルとアリエン・ロッベン。オランダ代表はスウェーデン、フィンランド、ハンガリー、モルドバおよびサンマリノと対戦する。

バイエルンのクロアチア代表コンビイヴィチャ・オリッチとダニエル・プラニッチは決勝トーナメントまでに、グループFでギリシャ、イスラエル、ラトビア、グルジアおよびマルタと対戦することになる。

9月3日から予選スタート

2年後に本大会を迎える同予選は2010年9月3日からスタートし、2011年10月11日まで続く。各組1位チームと各組の中から成績が一番良い2位チームが無条件で2012年6月9日から7月1日までの本大会に出場する。残りの2位8チームは2011年11月に4枠の本大会出場権を懸けてプレーオフを戦うことになる。

開催国ポーランドとウクライナは自動的に本大会出場が決まっている。ウクライナの首都キエフが決勝会場となるほか、ハルキウ、ドネツクとリヴィウも試合会場となる。ポーランドではワルシャワ、ヴロツワフ、グダンスクとポズナンで試合が行われる。