presented by
Menu
デビュー、称賛、記録

コンテントとアラバがプロデビュー

1時間が経つ頃、FCバイエルンにとって良くないゲーム内容だった。フュルトが2:1とアリアンツ・アレーナでリード、カップ戦センセーションが起こるところだった。ルイス・ファン・ハールはすぐに反応しなければいけなかった。インターナショナルで経験のあるハミト・アルティントップがベンチにいた。しかしFCバイエルン監督はほかの2人の選手に途中出場する準備をさせた: ディエゴ・コンテントとデヴィッド・アラバ。彼らの経験: トップでは出場機会なし。

バイエルンが6:2と勝った後にファン・ハールはこうコメント:「交代は、われわれが勝利した理由の一つ。」彼の言葉は後半28分に出場したアルティントップのほかに、とくにコンテントとアラバのことを指していた。2人は後半14分に途中出場 – 彼らがサイドラインでスタンバイしているときに、もう一点がうまれた – それからピッチ上にフレッシュな空気をもたらした。

センターMFとして出場したアラバは、入ってすぐのアクションで3:2のゴールをアシスト。敵のペンルティーエリアの前で同選手はエネルギッシュにボールを奪い、フランク・リベリーの得点をアシスト。「自分はボールをつついただけ、リベリーがゴールを決めたんだ」と17歳は冷静に状況についてコメント。

記録男アラバ

FCバイエルンファンにとってアラバはすでに話題だった。同オーストリア人は昨秋、すぐに代表デビューを飾った: オーストリア史上最年少代表プレイヤー。同選手は今、FCバイエルンでも彼の居場所を確立: アラバはドイツレコードマイスターの公式戦で史上最年少出場となった。17歳7ヶ月18日と彼はトニー・クロースのブンデスリーガデビューよりもひと月早かった。