presented by
Menu
「自分たちの方が強い」

バイエルンとバイヤーの2強対決

温和な天候のためだろうか?厳しい寒さが続いた後、月曜日は7℃から8℃の天候と春の前触れとなった。それとももしかするとペア・メルテザッカーのお陰だろうか?同ブレーメンDFは日曜夜、バイヤー・レヴァークーゼン戦で同点弾を放った。この結果、順位に変動はなかった。いずれにしてもゼーベナー・シュトラーセのFCバイエルンのトレーニングでは、全ての関係者にベストな雰囲気が漂った。

ルイス・ファン・ハール監督は、「とてもすばらしいトレーニングをした」と80分間のトレーニング後に彼の選手たちを褒め、クールダウンをさせることになった。それまではオランダ人から再三に渡り、大きな声が飛び交った – それはダッシュまたはスペースを狭めた数的有利の練習でも変わらなかった。

ニュルンベルクでの180回目のダービー戦で失った勝ち点の失望感は、2日経った後もミュンヘンの選手たちから消えることはなかった。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「自分たちは今でも1:1のドローを悔やんでいる。自分たちはゲームに勝たなければいけなかった」とfcbayern.deとの談話のなかでコメント。

しかしながら、レコードマイスターの中盤の要はヴォルフスブルクとブレーメンに願っていた援護射撃を喜ぶことになった。シュヴァインシュタイガーは、「彼らは彼らの仕事をしっかりと全うした」と笑顔で話し、特に彼の代表同僚でもあるメルテザッカーに感謝していた:「彼が自分たちを少しばかり助けてくれたことはとても嬉しいね。彼が同点弾を決めたことはとても大切だった、これでレヴァークーゼンとの差は一得点だけ。」ヴォルフスブルクがシャルケ戦に勝利したことにより、バイエルンと3位シャルケとの差は勝ち点1ポイント広がることになった。