presented by
Menu
ミュラー代表デビュー間近

バイエルン独代表、「ミーチョ」と対戦

トーマス・ミュラーがドイツ代表デビュー間近 - ヨアヒム・レブが、FCバイエルンの新星を水曜日にアリアンツ・アレーナで行われるアルゼンチン戦のメンバーとして招集した。

ミュラーは、「とても楽しみにしている」とFCB.tvとの談話のなかでコメント。MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーはレブが彼を招集したことを「10時17分頃に彼に伝えた。」ミュラーは、「もしかするとニュースを携帯上でみたのかも、自分の携帯をまだみていなかった」とFCバイエルンとのトレーニング終了後にコメント。

クリスティアン・ネルリンガーは、「彼が招集されたことを嬉しく思う。われわれの下でコンスタントに力をだしたことが招集につながった。代表でも順調にいくことを願っている」とfcbayern.deとの談話のなかでコメント。スポーツディレクターはミュラーにアドバイスを与えた:「クラブが全てのベースとなること、そしてわれわれがここで大きな目標があることを選手たちが把握していることは私にとって大切なこと。だけどトーマスについては何も言うことはない。」

ミュラーは、「FCバイエルンで良いプロセスを歩んでいることが最も大切なこと。まだ代表でプレーしたことがない、だから誇るには限界がある」とコメント。しかしながら彼はもちろん、水曜の夜に代表ユニホームを着てデビューすることができることを望んでいる:「ミュンヘンでアルゼンチン相手にプレーすることはもちろん夢のようなこと。だけど期待せずに行くつもり、そしてチームにうまく溶けこむようにトライしたい。」

アルゼンチン代表にも一人のFCバイエルンプロ選手

ミュラーのほかにマリオ・ゴメス、ミロスラフ・クローゼ、フィリップ・ラームとバスティアン・シュヴァインシュタイガーがドイツ代表に招集された。そのほかにレブはバイヤー・レヴァークーゼンにレンタル移籍しているトニー・クロースも代表戦に初めて呼んだ。夏にミュンヘンに復帰予定のクロースはミュラーとともに1月下旬に代表のフィットネステストに参加していた。

レブ代表監督は、「2人ともこの数ヶ月ブンデスリーガでいいパフォーマンスをみせてきた、だから当然のチャンス」とコメント。ミュラーは昨年、コートジボアール戦に招集されていた、しかし当時ロベルト・エンケの不幸の後、ゲームのあったU21代表に残った。

アルゼンチン代表にもバイエルンのプレイヤーがいる。DFマルティン・デミチェリスはアルゼンチン代表の一人として、クラブチームメートとの対決を楽しみにしている。「今回はアウェーチームとしてプレーすることになっても、自分にとってはホームゲーム」と「ミーチョ」はコメント。