presented by
Menu
南北ダービー

ファン・ボイテン微妙、『ロッベリー』スタンバイ

バイエルンプロ選手が慣れない状況に遭遇 - これまでのルイス・ファン・ハール監督の練習内容に反し、選手たちは木曜日、ボールなしで練習を行うことになった。コンビネーション、シュート練習の代わりにマルク・ファン・ボンメル&チームメートは瞬発系のトレーニングを繰り返した。

ファン・ハールは、「これは自分の下ではいつもあることではない」と直後のFCB.tvとのインタビューのなかでコメント。彼はこの日、意識してこのトレーニングを取り入れた。「少しばかりフランク・リベリーとアリエン・ロッベンのためのもの。」負傷しているプレイヤーはこのメニューであれば、楽に再びトレーニングに入っていけると同58歳はコメント。そして2人の状態に太鼓判を押した:「彼らはいいトレーニングをしていた。」

日曜のリーガ第24節ハンブルガーSV戦での『ロッベリー』の出場は全く危ぶまれていない。ファン・ハールは、サイドアタッカーをしっかりと構想に入れている。ロッベンはニュルンベルクで1:1とドローとなった一戦、前半終了後に疲労のために途中交代、リベリーはふくらはぎの打撲により出場することができなかった。

ダニエル・ファン・ボイテンもニュルンベルクで欠場。ベルギー人はふくらはぎの肉離れ後、ランニングを再開した。しかしながら彼が彼の古巣クラブとの一戦に出場できるかどうかは微妙。ファン・ハールは、「彼が金曜、チーム練習に参加することができれば、彼はメンバー入りすることになる」とコメント。

ディエゴ・コンテントが出場するかどうかはファン・ボイテンの状態次第となる。ベルギー人がハンブルク戦でプレーできれば、コンテントは土曜日、FCバイエルンIIとともにVfBシュトゥットガルトIIと戦うことになる。ファン・ボイテンがプレーできなければ、HSV戦はコンテントにとってはブンデスリーガ2戦目となる。ファン・ハールは、「若いプレイヤーにとって、プレーすることが最も大切と強調。メーメット・エキッチとデヴィッド・アラバは今週末、サテライトのメンバーに入ることになる。