presented by
Menu
クローゼ負傷

ブットとシュヴァインシュタイガーは温存

ブンデスリーガでは順調、チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦前 - FCバイエルンは水曜夜、カップ戦準々決勝で2部SpVggグロイター・フュルトと対戦する、決勝戦(ベルリン)への道のりのなか、新たなハードルに挑むことになる。イヴィチャ・オリッチは、「タイトルに一番近道」と中部フランケンにあるチームと対戦する2日前にコメント。

バイエルン監督ルイス・ファン・ハールは2部リーガの8位との対決では、ここ数週間のヴィクトリーイレブンに少なくとも2つポジションを変更することになる。GKヨルク・ブットとMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーは2010年最初の英国週間の初戦で温存される予定。この2人に代わり、ミヒャエル・レンジングとアナトリー・ティモシュチュクが先発入りする可能性がある。

この他に確実に欠場するのが、FWミロスラフ・クローゼ。同FWは日曜、トレーニングのなかで負傷、フュルト戦は念のために休養をとることになる。同代表FWの長期離脱の心配はなく、今週中にトレーニングを再開することになる。

フュルトサイドも全てのメンバーがプレーできるわけではない。シュテファン・シュルクがふくらはぎ負傷のために欠場決定、エドガー・プリブ(足くび)と控えGKジャスミン・フェジッチ(ヒザを手術)らがリハビリを消化。元FCバイエルンサテライト選手のマックス・グリュン、ヤン・マワースベルガー、シュテファン・フュルストナーとレオンハード・ハースらはメンバー入りする可能性が高い。