presented by
Menu
監督対決

優勝請負監督vs.FCB「天敵」監督

FCバイエルンの天敵がバルセロナであれば、ルイス・ファン・ハールにとってはエクセルシオール・ロッテルダム。当時、オランダリーグの下位にいたチーム相手との対戦でファン・ハールは2007年4月、痛恨の一敗を喫した。同監督は最終節、AZアルクマールとともにエクセルシオール戦に2:3と敗れて、首位から3位転落。タイトルの夢が最後に破れた、1999年のバルセロナとのチャンピオンズリーグ決勝戦と似ている。ファン・ハールは、「信じられないほどの失望があった」と想起していた。

FCバイエルン監督は当時の経験から、ブンデスリーガ追撃でもいくらか落着いている。「最終節にはわれわれは一番上にいなければならない」と彼は強調。2月中旬ではない。そしてファン・ハールはこの特別な状況にどう対応するかも分かっている。「バイエルン・ミュンヘン戦では全てのチームのモチベーションがとても高い。どの相手もほかのチームと対戦するよりバイエルンと対戦するときに力をだしてくる。だから、バイエルンとマイスターになることはとても難しいんだ」とコメント、「これをバルセロナそしてアヤックス時代から知っている。」

経験から貫禄

ファン・ハールは経験から話しをする。これまでの全てのクラブ - アヤックス、バルセロナそしてアルクマール - とともに彼はマイスターになった。彼は土曜、まだ監督として無冠の監督と会うことになる。ヴォルフスブルクのローレンツ=ギュンター・キュストナーは特別な経験を持つ: 彼はFCバイエルンとの5度の対戦で2度勝利している。

同監督は1997/98シーズン、1.FCケルンとともに2:0と勝利、2000/01シーズンにはSpVggウンターハッヒングとともにレコードマイスターを1:0と破っている。2勝とも彼は2月に挙げている。彼は土曜、再び2月にFCバイエルン戦を迎える。1週間前からヴォルフスブルク監督に就任した彼は、「もしかするといい予兆かもしれない」と述べた。