presented by
Menu
赤と白の縦縞

創立110周年メモリアルユニホーム

FCバイエルン、新ユニホーム – アディダス社からクラブ創立110周年を記念して贈られた。チームはこのユニホームとともに今年5月からピッチ上を走り抜ける。フランツ・ベッケンバウアー、ウリ・ヘーネスおよびゲルト・ミュラーら名選手が築きあげた黄金時代と同じ赤と白の縦縞となった。

ユニホームの襟には、『伝説&忠誠』とモチーフされ、名フォワードであり、レコードストライカーであるゲルト・ミュラーの肖像画も加えられた。これが2月27日にクラブ創立110周年を迎えるFCバイエルンのクラブ史上の成功のシンボルとなる。

特別な一体感

デザイン-エレメントのほかには、このユニホームは新テクノロジーをもって確信させる。プレイヤーはクラシックなユニホームのほかに、ブンデスリーガでは初となる体にフィットするユニホームを選択できる。同ユニホームはアディダス社のTECHFit™ PowerWEBを使用。布地は肌に密着し、筋肉の血行を良くする作用がある。流行の熱ポリウレタン-バンドが体の運動エネルギーを蓄える。

レコードマイスター副主将のフィリップ・ラームは、「新ユニホームはファンと選手たちにとって特別な一体感がある」と説明。「一緒の価値観と成功の意志が伝説になっていくんだ。FCバイエルンのようにね。」

5月3日から販売