presented by
Menu
バイエルン ‐ ドルトムント

3:1勝利のコメント

FCバイエルンはボルシア・ドルトムントに3:1と勝利したことにより、12連勝を飾ることになった。バイヤー・レヴァークーゼンから首位を奪取するためには一得点だけが欠けていた。バイエルン監督ルイス・ファン・ハールはそれでも満足し、戦術的にうまくプレーしてきたドルトムントチームとの一戦の勝利を「ハードワークの勝利」と語った:「勝てたことをとても喜んでいる。」



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール: 「今日はハードワークの勝利だった。とても難しかった。少しばかりツキもあった。もしかするとツキを引き寄せられたかもしれない。われわれはリードを奪われた後、自分たちのゲームをして、後半には崩しからゴールを決めることができた。とても嬉しく、われわれが勝ったことに満足している。ドルトムントは戦術的にとてもうまくプレーしてきて、とてもアグレッシブだった。DFラインでは個々のミスがあり、水曜日のフィオレンティーナ戦には(ミスを)なくさなければならない。チーム全体の秩序がより良くならなければならない。」

マルク・ファン・ボンメル:「ドルトムントが早くに先制したことにより、自分たちにとって難しくなった。だけど逆に(先制弾に)反応することは簡単なことだった。ヴォルフスブルク、フュルトそして今日とここ最近のゲームではいくらかチャンスを許してしまった。自分たちがゲームに勝てたから、罰を受けることはなかった。チャンピオンズリーグではミスは許されない。ホームで失点をすれば、より大変になる。チーム全体がそのことに関係しているんだ。前線へと上がり、後方には走らず、そして秩序がなければ、とても難しくなる。ドルトムントには今日、多くのチャンスがあった - これは良くないことだ。」

マリオ・ゴメス: 「今日は多くのチャンスを許してしまった。これは自分たちにはあってはいけないこと。これは良くないよ。シーズンの最後に上にいなければいない。できれば早くに。だけど、自分たちは焦ってはいけない。リードされたとしても、自分たちのゲームをするんだ。自分たちにチャンスがあったことを知っている。それが自分たちの強さでもある。だから、これからも落ち着いて自分たちのサッカーをしていくことになる。」

ユルゲン・クロップ(ボルシア・ドルトムント監督): 「チームのパフォーマンスはまずまずの出来だと思っている。われわれには100%のチャンスが10回、もしくはより多くあった。シュートのときに得点する意志とツキが欠けていた。だから1点しか奪えなかったんだ。」

マッツ・フンメルス(ボルシア・ドルトムント): 「バイエルンは今日、自分たちよりも効率的だった。彼らが自分たちのチャンスを決めたから、彼らの然るべき勝利だよ。」