presented by
Menu
勝利のコメント

FCB監督:「集中力が欠けていた」

昨季マイスターに勝利、首位に勝ち点で並んだ – しかしFCバイエルン監督ルイス・ファン・ハールはヴォルフスブルクでチームが3:1と勝利した後、「とても怒っている。われわれはとても傲慢に、そして集中力が欠けているなかでプレーしてしまった。」アリエン・ロッベンも集中力の欠如に対して不満を呈した。「だけどそれも起こりうること、われわれも人間だから。」しかし結果については皆が満足していた。ファン・ハールは、「結果はもちろんわれわれにとってすばらしいものだった。」


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれはとてもいいスタートをきった、しかし2:0とリードした後、集中力が欠けていてヴォルフスブルクに多くの得点機を許した。私はわれわれがいいサッカーをしたとは考えていない。とても怒っているんだ。われわれは傲慢にプレーしてしまった。だけど、もしわれわれが傲慢だとしても、しっかりとボールをゴールに入れなければいけない。それを怠ったんだ。われわれは集中してプレーしていなかった – われわれはいつも集中してプレーしなければならない、1:0または2:0の後のように傲慢にプレーしてはいけない。結果はもちろんわれわれにとってすばらしいものだった。」

アリエン・ロッベン:「われわれはいいサッカーをしていなかった。前半にはヴォルフスブルクに多くの得点機があった。そこでは集中力が欠けていた。だけどそれも起こりうること、われわれも人間だから。そのなかで2:0と前半を折り返すことができた。ヴォルフスブルクで3:1と勝てれば、いい戦績だと自分は考えている。」

ローレンツ=ギュンター・ケストナー(ヴォルフスブルク監督):「この一戦がわれわれにとってとても難しくなるという感覚は常にあった。オウンゴールをしたこと、PKを決められなかったことがそのことを示していた。バイエルンの優勢が私のチームをとても苦しめることになった。」

クリスティアン・ゲントナー (ヴォルフスブルク):「われわれには今のところ自信が欠けている。これをいくつかのシーンで気がつくことができた。2点リードされるまで、われわれは前線へとうまく攻めていた、だけどチャンスを活かせずにいた。その後、この調子でバイエルン相手にゲームをひっくり返すことはとてもとても難しかった。」