presented by
Menu
ミュラー代表デビュー

「ミュラーは永続のオプションになる」

左には代表戦64試合出場のフィリップ・ラーム、右には代表戦94試合出場のミロスラフ・クローゼ - トーマス・ミュラーは国歌斉唱のとき、経験豊かな2人の間にいた。彼は67分間、アルゼンチンとの代表戦でプレーでき、今後の招集に向けてアピールすることになった。代表監督ヨアヒム・レブは、「トーマス・ミュラーは右サイドで永続のオプションになることができる」とコメント。

ミュラーはアルゼンチンの名のある選手を前に大胆および勇敢そしてがむしゃらにプレー。彼はアリアンツ・アレーナではドイツ代表チームのなかでは躍動したわずかな選手のうちの一人だった。試合開始6秒、すぐにアルゼンチンの守備陣に突進。対人プレーを怖れず、ボールを失わなかった。レブは、「トーマス・ミュラーがナーバスになっている感覚は私にはなかった」と気がついていた。

「すばらしい感覚」

代表デビュー戦後、ミュラーの気持ちは「2つに分かれていた。もちろんデビューは嬉しい。初めて出場したことはとてもすばらしい感覚だった - しかもミュンヘンでね。だけど自分たちが負けたことを残念に思っている。」