presented by
Menu
デミチェリスのホームゲーム

「必要であれば、タックルにいく」

彼のスタジアム、彼の街。しかしながら、マルティン・デミチェリスが水曜夜、アルゼンチン代表とともにドイツ代表と戦うためにアリアンツ・アレーナ入りしてくることになれば、きっとFCバイエルンと入ってくるのとは違う感覚があるだろう。彼は、「バスのなかでずっと歌うことになる」とアルゼンチンの典型的な習慣について報告。水曜日の一戦は「ミーチョ」にとって2つの点から好ましいホームゲームとなる: 彼の住むミュンヘンで故郷南米の雰囲気を味わうことができる。

FCバイエルン7年目の同DFは、「特別なゲーム」と述べた。彼はドイツとの一戦、代表25試合目の出場となる。FCバイエルンのチームメートが5人いるドイツ代表と戦うことになる。彼は、「自分の同僚には申し訳ない」とフィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ミロスラフ・クローゼ、マリオ・ゴメスとトーマス・ミュラーに勝利の希望はないと伝えた、「自分は勝つつもり、負けることが大嫌いなんだ。」

対人プレーで容赦しない

これはとくにセンターバックの「ミーチョ」とピッチ上で対戦することになるミロスラフ・クローゼとマリオ・ゴメスに該当することだ。デミチェリスは、「2人ともとてもいいFW、そしていい友達」とコメント、「だけど水曜日は自分の代表チームのためにプレーする。自分にとってはこのユニホームを着ることは大きな名誉。彼らを抑えなければならない。われわれは残念ながら敵となる、もし自分がタックルしなければいけないときにはすることになる。ボール、マリオまたはミロを捕らえなければいけない。」

デミチェリスが容赦するつもりはない。フレンドリーマッチであろうとも、単純に多くのことが重要になる。ディエゴ・マラドーナ監督率いるチームは苦しんだW杯予選後 – 最終戦でアルゼンチンは南米4位として南アフリカ行きを決めた – に失った声望を取り戻すつもりだ。もちろんW杯メンバー入りもある。デミチェリスはこれに対して燃えている。

「ほぼ終わりかけていた」、それから主力