presented by
Menu
ファン・ハール

「相手よりもいい試合をしていた」

ベスト8進出の喜びはFCバイエルンでは大きかった、しかしルイス・ファン・ハールが大半に満足していることはなかった。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦第2戦ではフィオレンティーナに2:3と敗れた。オランダ人監督はできれば勝ちたかったと考えていた。ファン・ハールは水曜、「私は監督、いつも勝とうとしている、われわれは昨日負けたんだ」とミュンヘンに戻る前にコメント。


ルイス・ファン・ハールとの談話

問い: チームの出来をどう評価されましたか?
ファン・ハール:「昨日とてもいいサッカーをしたと思っている、この状況のなかでね。これはわれわれにとっても難しかった。フィオレンティーナよりもいいサッカーだったと考えている。しかし彼らはゴールを決めた、それが個々のミス、またはオフサイドからのゴールであろうともね。2点目はオフサイドからのゴール。第1戦のためにフィオレンティーナは怒っていた、そのことを私は想像することができていた。しかし今はそうではない、彼らもオフサイドからゴールを決めたからね。」

問い: デヴィッド・アラバは17歳としては驚くほど冷静にプレーしていました。このことをすでに予期されていたのでしょうか?
ファン・ハール:「私が一人の選手が一試合を戦う準備ができていることを考えることは普通のことだと思っている。このようなことを私はよくやってきた。セードルフを16歳でトップチームでプレーさせたからね。」

問い: フィオレンティーナでの進出は今後の試合に勢いをもたらしますか?
ファン・ハール:「それは分からない、私の頭のなかには今でも敗戦が残っている、われわれがそこまで多く敗戦はしないと考えている。昨日は次のステージがかかった一戦だった、このような試合ではわれわれは勝たなければいけない。それができなかった。このことがわれわれに勢いをもたらすことになるとはあまり確信していない。」

問い: チームの成長にとってはこのようなことは大切なのでは?
ファン・ハール:「そのことを私も考えていた。われわれは負けたが、これは成長にとってはとても大切。われわれは毎週、変更しなければいけない。ロッベンが病気、そしてリベリーが負傷。今回はコンテントが負傷して、17歳のプレイヤーを起用しなければいけない、オートマティズムが欠けるんだ。しかしわれわれは再びいいゲームをして流れからすばらしい2得点を決めたんだ。それは私も大切だと考えている。われわれはこのゲームをとてもポジティブに捉えることができる。」